キッチンのリフォーム工事の流れ

では実際のキッチンリフォーム工事の流れを見ていきましょう

まずは、キッチンの解体です

徐々に撤去し最後は何もなくなります

この時に給水や給湯の配管位置を替えたり、排水管の位置決めをしたり、ガスの配管も移動します

新しいキッチンの設置工事が始まります

最初にパネルを貼り、吊戸棚・レンジフード(換気扇)を設置します

次にベースキャビネット(いわゆる流し台ですね)を設置します

(この施工例は扉タイプではなく引き出しタイプです)

全ての工事が終わります(流し台上の手元灯もLEDになり手元がかなり明るくなりました)

手元灯の位置はお客様が料理をしやすい位置に打ち合わせの上取り付けます

設置後お客様に機器の使用説明を致しているところです

(下図はオーブンレンジ(コンベック)の説明をしているところです)

上記の工事で全ての材料工事費を含んで概ね85万円(税抜き)です

(巾225センチ、引き出しタイプ、オーブン付)
詳しくは044-861-1126

(有)ユーズまでお気軽にご連絡下さい

 

キッチン施工事の別の例(天板は人造大理石+IHクッキング+食器洗い機+引き出しタイプ)

引き出しタイプのメリットは奥にしまった物も簡単に取り出せるのでそのままになることがありません

背面はカップボードを固定設置(炊飯器の湯気を排出する装置付のカップボード)電子レンジ、

トースター、炊飯器、フードプロセッサー、コーヒーメーカー、ティファール等々・・・

電化製品はかなり多いですよね

単身者向けのミニサイズキッチン(巾150センチ)

044-861-1126

(有)ユーズまでお気軽にご連絡下さい