床鳴り

床がギュッと鳴る事があります。

これ、結構厄介でして、例えばフローリングを張り替えずに修復するのはほぼ不可能です。

クッションフロアやフロアタイルなどは張り替えを割と行いますので張り替えのタイミングで穴を開けて床下を確認し、開いた穴を修復すればその上にクッションフロアや塩ビタイルを貼れば以前よりも綺麗になります。

しかし、フローリングはそのままで床のキシミ音だけをなんとかして欲しいと言われても不可能に近いのです。

フローリングを開口して床下を確認し鳴りを修復してもフローリングは元どおりにならないからです。

また、もう一つ問題になるのは家具などで張り替えとなると荷物があると工事が出来ないのです。

工事をする際はお部屋を空にします。

ホームセンターに行くとフローリングのキシミを抑える液体があります。

正直なところこれで直れば超ラッキーです。

キシミ音は

①床と床を支える根太と言う角材に固定したはずの釘が緩くなり歩く度に床がしなってピストン運動が生じてキシミ音が出るパターン

②下地の合板と合板が擦れるパターン

③床板本体が劣化してしなる時に鳴るパターン

などがあり、殆ど場合開口が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です