住まいのお悩み解決!相談するなら解決工房へ 〜住まいのお悩みはご相談ください〜

2部屋を1部屋にに関する記事一覧


2部屋を1部屋に 和室を洋室にリフォーム 壁を取り去る

六畳二間の洋室と和室を十二畳の部屋にリフォーム。和室は畳や押入れ長押のような幕板も撤去して和風を全て無くしました。押入れは折戸で白っぽい木目調のでざいんで洋風の収納にました。床はフロアタイルでやはり白っぽい木目調にしてフローリング風にしています。この建物は昭和の建築物ですが令和の今の雰囲気になったと思います。

2部屋を1部屋に 塗装工事

窓枠の塗装です。和室の窓枠は無垢仕上げなので、数十年経過すると灰汁も出ますし、ほぼ茶色になります。ここに塗装するのは灰汁を止め数回塗り重ねないとキレイには仕上がりません。洋室に変身させるための木枠塗装です。画像でご覧ください。

2部屋を1部屋に

広いリビングにする為に隣の部屋との壁を撤去します。壁跡を修復すれば大きなリビングになります。もちろん、体力壁は撤去できませんので全てに対応できるリフォームではありませんが、現地調査をしてできるできないを判断しその上で見積書を作成します。広さもさることながら部屋が明るくなります。是非解決工房にご相談下さい。

2部屋を1部屋に

和室が洋室に変貌します。その為には建具、畳、天井を解体して作り変える方法をお勧めします。単に畳をフローリングに襖をクロス貼りにする小手先の方法ではお金を掛けても中途半端な出来上がりになってしまいます。是非建築士打ち合わせをして、資産価値の高くなるリフォームをお勧めしています。

2部屋を1部屋に

和室を洋室にするリフォームです。畳をフローリングに替えて襖をクロスに貼り替えると言う物ではありません。壁、扉、床、天井をほぼスケルトンにしての変更工事です。躯体だけを残すので「和」の要素は全く消えます。その状態をごらんください。

2部屋を1部屋に 賃貸マンション

平成から令和になろうとしています。 平成も31年と言うことは、平成元年に竣工したマンションでも築30年は経過しています。 そしてここ15年は和室を洋室にと言う潮流でした。 ただ、平成はデフレで過ごした時代。 賃貸マンションで、和室を全面的に…

2部屋を1部屋に

マンションの中の和室とリビングを1部屋の大きなリビングにリフォームのビフォーアフターです。壁や天井の面を揃えるため解体撤去を行い、ほぼスケルトン状態からのリフォーム。壁や天井は白を基調色とし、床と建具は薄いブラウンを取り入れたたデザインで統一し解放感、明るさを演出しています。 古い時に面影はなく新築のようになりました。