2つの部屋を1つに

リビングが小さいとやはり使い辛いですよね。

広く使えるように2つの部屋を1つの部屋にリフォームしました。

6帖はありますが、細長く家具を置くとどうしても使い辛い部屋です。

隣接する洋室も6帖ですので、2つの部屋を合わせると12帖になります。

そこで壁を解体します。

ご覧のように骨組みが出てきました。隣の部屋の窓も見えてきましたね。

スイッチ、コンセント、インターホンの線が壁の中にあったので電線なども見えます。

このスイッチやコンセントなどは別の位置に移動しなければなりませんので、電気配線工事などが必要になります。

さらに、壁があったところを補修して見た目何もなかったかのように復旧する工事も必要になります。

向こう側の壁には「解体した壁」の跡が見えます。床、天井にも見えます。

電線などの配線は天井を一部解体して隠蔽し配線し直します。

大工工事で新たな壁を造り、古い壁の跡は埋めて、床も全て剥がして不陸調整をして内装工事をします。

最初の狭いリビングから上の画像のように広いリビングになりました。

大まかに言うと、解体工事→大工工事→電気配線工事→内装工事を経て完成します。

実はいろいろと見えない問題はあります。

例えば壁を解体したは良いが天井の高さが違うとなれば、高い方の天井を解体して低い方に合わせるとか。

梁に組み込まれていた壁の跡を修復するモルタル調整工事。

照明とスイッチの配線を入れ替えたり増設したり壁内に配線しなおす工事。

床の凹みや出っ張りを調整する工事など良い状態にする為の隠れた工事が実はあるのです。

完成すると使い勝手が良くなり、内装などで印象も昭和の雰囲気から令和に変身し、これから長く愛用されるのだと思うとしみじみしてしまいます。

2つの部屋を1つの広い部屋にするリフォーム、是非ご相談下さい。

和室を洋室に改造し資産価値を高めます

和室の部屋を洋室にする為には出来れば一旦スケルトンにすることが望ましいと思います。

畳があり、押し入れがあり、襖であり天井も木目調でしかも廻り縁もあります。

もちろん畳があるので、畳寄せと言う畳と壁の間にある5mm程度の細い木がありますが、これを撤去しないと和室の「廻り縁」にフローリングを寄せて施工すると「和」と「洋」が混在することになります。

全ての「和」の要素を撤去して新たに建具、収納、床、天井を作り直しました。

そうするとどうなるか。

こんな風になります。

押し入れの奥行き90cmを10cm程小さくして室内のスペースを大きくしました。

その理由は、例えばベッドを置いても歩くスペース、収納の扉を開けるスペースなどを考慮しての設計です。

オープンの本棚を設置したのはその奥に柱があり10cmの奥行きを有効活用する為のアイデアです。

また、収納内に照明を配しました。

収納内の物を取り出すときに少しでも明るい方が見つけやすいと言うご要望にお応えしました。

もちろん、押し入れの時に中に照明はなかったので新たに電気配線工事が必要になります。

照明があると言うことはスイッチもあると言うことです。

この辺は大工さんとの連携があってできる工事です。(お施主様との打ち合わせでの追加工事です)

上のリフォーム前後の画像で全く違う印象になっていますが、もちろん解体後の工事途中はと言うと。

躯体が見えています。

押し入れの中のベニヤも解体して、この画像では石膏ボードにする為に躯体に下地を設置しているところです。

天井は一旦解体した後下地を組んで石膏ボードを張り終えた後です。

和室から全くの洋室にするとほとんど新築と変わらないようなお部屋にグレードアップできます。

中古マンションを買ってリフォームするとまるで新築のようになりますので、節約しながら新居に移行することも一考しても良いかと思います。

あなたの資産価値を高めるリフォームをご提案します。

和室から洋室は何が変わる?その1

和室を洋室にする場合、何が変わるのか?

畳、襖のある和室をどうすれば洋室になるかなのですが、かなりの変更を余儀なくされます。

今日は既存の状態が観音開きの襖の収納と襖の引戸です。

向かって左の観音開きは収納。

向かって右側の引戸は襖で一本引き。

襖を閉めると襖の後ろは壁がありますが敷居と鴨居がありますので、これを開き戸にするには枠ごと解体して壁を修復しなければなりません。

観音開きの方も枠ごと解体します。

画像で言うと畳の向こう側には板の間がありますが畳と板の間の高さが普通は60ミリありますのでこれも処理しなければなりません。

結果60ミリ下げてコンクリートの床の高さまで落としました。

床はフロアタイルで仕上げましたのでコンクリートの床も平滑化処理をしています。

画像で項目を挙げると

1.天井は木目の天井材や廻り縁を解体して木組みで下地を作り、石膏ボードで天井を作ります。

2.引戸解体し、壁と扉の下地を作り直し、石膏ボードで下地を作ります。

3.観音開きの襖と枠を解体して折戸ユニットに交換。この時にハンガーパイプを取り付ける為の下地として合板を張りその他は石膏ボードで仕上げます。

4.板の間を解体し、床の不陸調整をします。

5.畳の廃棄処分

6.その他として電気配線を新たにし収納内にダウンライトを設置や給湯器の配管が壁を貫通しているところで雨漏りの跡があったのでコーキング処理をするなど壁や天井がなくなった時でなければできない処理は見積書にはありませんが追加項目で行いました。

ちなみにサッシの窓枠(木枠)はカーキ色からオフホワイトに塗り直しています。

まだ工事途中の画像ですが、和室から洋室に変更するには上記のような項目をリフォームする必要があると思います。

洋室から和室にするにはさらに制約が大きくなります。

和室から洋室へリフォームする場合の変更項目でした。

よく賃貸物件のあるあるとして襖をクロスで貼り畳をフローリングにするだけの工事がありますが、押入れ感、木目の天井、出入口の襖もクロスで貼替と言うパターンはよく見ますがこれは低予算で洋室っぽく見せる為にやる手法です。

私たちとしては中途半端なリフォームに見えます。

出来れば画像のようなリフォームをお勧めしております。

和室から洋室に

平成から令和になろうとしています。

平成も31年と言うことは、平成元年に竣工したマンションでも築30年は経過しています。

そしてここ15年は和室を洋室にと言う潮流でした。

ただ、平成はデフレで過ごした時代。

賃貸マンションで、和室を全面的に洋室に変更するのではなく、畳をフローリングにし、襖をクロス貼りにした程度の中途半端なリフォームが多かったのは事実です。

今、これが仇になっていて、中途半端なリフォームをした物件はなかなか決まらないと言う状況が続いています。

和室の面影と言うのは次の通りです。

1. 襖

2. 畳寄せ(畳と壁の間にある1センチ位の太さの木)

3. 長押(=なげし=だいたい高さの壁にある幅のある木)

4. 板張りの天井

5. 押入れ

6. 窓枠の木(無塗装であることとか、木枠の組み方など)

7. そして柱型が壁に存在する真壁であること

これらの一部を残して床をフローリングにしていると非常に中途半端な感覚を持つ人は多いようで平成ならまだしも昭和のイメージを払拭できないのです。

先日ご紹介した2部屋を1部屋にと言うブログはこれらの問題点を残さずに洋室に変えました。

是非ご覧ください。

また、一部づつフローリングに変更するので、床の色が部屋によって違うと言うことも生じます。

ある部屋は濃い茶色のフローリング。

別の部屋は肌色のフリーリング。

それは退去の際の予算内で収めたのがこの中途半端になる原因と言えます。

今は賃貸物件の不況の世の中。

ある程度の予算でデザインや設備の一新をすべき世の中になってきています。

 

2部屋を1部屋に(ビフォーアフター)

2部屋の壁を取り払って1つの部屋にすると当たり前ですが広くなり、しかも明るくなる。

以前のブログでは工事の途中でしたが、今回はビフォーアフターをご覧いただきます。

リビングと和室それぞれ6帖のお部屋でした。

和室とリビングの間には壁があり、和室には押入れがあり畳があります。

戸襖は取り外していますが、敷居も枠も鴨井もあります。

これを解体します。

壁がなくなり、畳もなくなり、そして天井も骨組みしか見えません。

もっと言うと押入れ面の壁と、手前のリビングの扉ある面の壁とが段違いになっていましたので、それも壁のラインを揃えるために撤去しています。

天井は下地を造りボードを張り、押入れの面とリビング扉の面の壁を揃える骨組みが見えます。

また、押入れの下は空洞でしたが、合板でスラブと高さを合わせています。

収納内には棚を設置し、折戸を組み込んだところです。

和室の壁にあったスイッチとコンセントは折戸の左側の壁に移設しています。

なお、収納内の天井や梁の部分はボードで処理をしています。

これで2つの部屋を1つの部屋にする工事は終了です。

あとは壁紙を貼り、床材はフロアタイルを貼りお化粧をして、スイッチ・コンセントを取り付けると工事完了です。

収納の折戸を開けると中は枕棚、中棚があり3分の1で区切った壁があります。その右の枕棚の下にはハンガーパイプを設置し洋服が掛けられるようになりました。押入れではハンガーパイプが活きませんので、こういう洋風の収納が良いと思います。

なお、今回の工事では収納の中もクロス貼りで、床はフロアタイル貼りで仕上げています。

6帖2部屋が12帖の部屋になりました。

昭和の雰囲気から平成の雰囲気(いえいえ令和の雰囲気?)に変貌を遂げました。