トイレを新しくする

トイレのリフォーム。

便器だけを新しくするケースと床の貼替や壁紙の貼替、トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、照明の交換も併せて行うケースがあります。

便器を交換する場合、リフォーム用の便器で交換すると排水管はそのまま使えます。

排水管の位置を変えるとなると床を一部でも開口しなければならない。

つまり工事費が高くなります。

私達は出来る限りリフォーム用の便器で交換できるように考えています。

しかし、古い便器(30年以上前)だと排水管をそのまま利用できない事もあります。

排水位置がかなり奥の方にある場合だとリフォーム用の便器は使えません。

このように床を切って排水管を途中から曲げて手前に持って来るようにしなければ新しい便器が取り付けられません。

開口部をふさぎ直します。

床のビニールシート(クッションフロア)も新しくします。な

そのままだとつぎはぎになってしまいます。

床のシートを貼替え、新しい便器(リフォームようではありません)を取り付けました。

ウォシュレットも新しくなりました。

元々はウォシュレットから水漏れがあったのでウォシュレットだけ交換する案もありました。

30年以上経過した便器なので今後漏水が起きる可能性もあり、部品交換もしなければならないことを考慮して便器交換も行いました。

部品交換を頻繁にすると結局コストとして高くなります。

安心してお使い頂くためには思い切って交換した方が結果安上がりになります。

古い車程メンテナンス費用がかかるのと同じ理屈です。

思い切ってリフォームする事をお勧めしています

トイレの悩みはこちらまでご相談ください。

便器の汚れをつきにくくするには!?(プレミスト)

恐縮ですが、大便をした後便器に大便が付着していることがあります。

そのままにしておくと便が固くこびりついて後で掃除が面倒くさくなってしまいます。

何故、付きやすいかと言うと便器が乾燥している為で、逆に言えば便器の表面に水があればクッション材となって便がつきにくくなります。

早い話、大便の前に一回水を流せば便はつきにくくなります。

ただし、最近はエコの観点から節水トイレが多くなってきています。

それなのに、さらに1回多く水を流すと水道代も気になってきます。

つまり大便をする度に2回水を流さなくてはならないと言うことは古い便器だと1回につき13リットル使用します(概ね1993年までに製造されたTOTOの便器)。

1回の大便で2回流すと26リットル使用します。

現在は4.8リットルか3.8リットルになっていますのでかなり節水効果があります。

事前に流す水の量として13リットルは多いです。

ペットボトルなどに入れておいてそれを便器に撒くようにすれば節水もできます。

そこで登場するのがウォシュレットです。

ウォシュレットは便座に座ると自動で便器に「ミスト」(霧状の水)を吹きかけてくれます。

現在(2020年)から最廉価版のウォシュレットSBタイプまで座るとミストを噴射してくれます。

このミストのことを「プレミスト」と言います。

水の量はかなり少ないですが、水の膜を張るには十分です。

買い替えの時期の方は是非新しいウォシュレットがお勧めです。

ウォシュレットについてご質問があればお気軽にどうぞ。

TOTOの便器とウォシュレット受注停止

TOTOの便器とウォシュレットが現在受注停止になっています。

新型コロナウィルスの影響です。

陶器は製造できるようですが、他の部品の供給が停止しているようです。

供給が停止と言うより部品の製造が停止しているので、全く目途がたっていません。

弊社でもトイレのリフォームは現在行っておりませんのでご了承下さい。

インテリアなどの内装材(クロスとか塩ビシートやビニールシート)は通常通り供給されているので問題はありませんが、思わぬところで納入されなかったりするので問題は続きそうです。

 

 

ウォシュレット用の電源がない!

ウォシュレットを使うには電源が必要です

コンセントのないトイレではウォシュレットが作動しません。

今回は先日工事した隅付けロータンクの便器をリフォームし普通の便器にしたケースでお話しします。

ウォシュレット消費電力について

貯湯式のウォシュレットの消費電力はそれほど大きくないので、分電盤から単独で配線する必要はないので近くのコンセントから分岐配線が可能です。

ウォシュレットのSの一部とSBシリーズは最大で321Wです。

ただし、ウォシュレット上位グレードである「アプリコット」は最大1200Wを超えるので出来れば専用配線が望ましいです。(瞬間湯沸かし方式なので使用時に最大の電力になるようです)

コンセントから分岐配線

コンセントから分岐して壁伝いに露出で電線を確保しました。

左側の裏に元々のコンセントがありそこから分岐し右側のトイレまで配線。

なるべくわかりにくく目立たないように配線しました。

設置したウォシュレットのSBシリーズ(リモコンが便器の右横に配置されているタイプ)で最大で321W、通常時で50Wの消費電力です。

これならば、他で電気を使っていてもそれほど気になることではありませんので、大丈夫です。

分電盤から配線をしなければならないケースは?

仮にアプリコットだと最大消費電力が1200Wを超えるので同じ回路でヘアードライヤーを同時に使うと、ブレーカーが落ちてしまいます。

子ブレーカーのアンペアは15Aか20Aなので、ウォシュレットで12A,ドライヤーで12Aだと24Aなので、容量オーバーです。

結論:ウォシュレット設置時はコンセントがあることを確認しましょう

ウォシュレットグレードによって

  • 近くのコンセントから分岐配線
  • 分電盤から専用配線

上記のどちらが必要で、どれくらいの工事になるのかは現地を調査してからになります。

お客様の使用状況やコンセントの位置、分電盤までの距離配線方法などを考慮してより良い提案ができればと思っています。

お問い合わせはお気軽に

LIXIL洗浄便座

昨日までTOTOのウォシュレットの説明をしてきましたが、今日はLIXILの洗浄便座です。

LIXILはウォシュレットとは言いません。「シャワートイレ」と言います。

ウォシュレットはTOTOの登録商標なので、TOTO以外のメーカーでは使用できないのです。

さて、LIXILのシャワートイレについてLIXILのウエブサイトを見てみました。

3種類のシャワートイレがあります。

New PASSOKシリーズエクストラ、KAシリーズとKBシリーズです。

特徴的な機能としては、全シリーズともプラズマクラスターイオンで除菌をするようで、イオンを発生させて除菌とともに臭いも低減させます。

TOTOの場合、除菌水を便器に噴霧することで除菌しますが、LIXILの場合、イオンなので、便器に噴霧するのではなく飽くまでもイオンなので空気中を漂うことで除菌をすると言う方式です。

このメリットは便座の裏側まで除菌できることでしょうか。水を掛ける訳ではないので濡れる心配はありません。

TOTOのようなプレミストと脱臭機能はNew PASSOのみです。(ただし、この脱臭機能はどうやって臭いを取るのかはサイトの説明では分かりませんでした)

Kシリーズエクストラの特徴はなんと言ってもお尻の洗浄噴射の調節が無段階でできることでしょうか。

逆に無段階の噴射調整ができるのはLIXILのみです。

お尻の病などでどうしても噴射の勢いを調整する必要がある方はLIXILのKシリーズエクストラが良いと思います。

他社製にはこのような機能はありません。

全機種に脱臭機能がついていないのは少し残念ですね。。。

以上がLIXILのシャワートイレについての簡単な説明です。

 

洗浄便座ノズルから水が出ない

洗浄便座の故障

INAX社製のシャワートイレ(便器一体型)のノズルから水が出ないと連絡があったので確認に行きました。

本来ならノズルの先端から局部に水流が噴出するはずなのに出ない。

ノズルの先端ではなく奥の方で水が出るので洗浄の機能は果たしていないのです。

こんな感じです。

この修理に関しては、我々や街の水道工事の職人では出来ません。

マイコン制御なので原因が分からない。

よって部品を調達することが出来ないのです。

メーカーでの修理部門、今回はINAXメンテナンスに修理依頼をしました。

症状は伝えましたが、交換すべき部品はメンテナンス会社が実際の物や症状を確認した上で必要な部品を交換するものと思います。

建物の水漏れや雨漏りはお気軽にご相談下さい(下記)

建築的な水漏れ(配管から水が漏れたとか、雨が建物内に浸水したなど)は修理が出来ます。

雨漏り、水漏れとか、最近湿気が多くなってきた、最近カビが多くなったなどでお困りの場合、ご相談をお受けしております。

温水洗浄便座などの機械部品や最近ではマイコンなどが内蔵されている物に関してはメーカーでの修理になってしまいます。

温水洗浄便座の各メーカーの修理依頼の電話番号は次の通りです

INAX(LIXIL)の修理依頼は

0120-1794-11

TOTOの修理依頼は

0120-1010-05

東芝製の温水洗浄便座の故障は

0120-1048-76(フリーダイヤル)

0570-0570-33(有料)

Panasonic製は

0120-878-554

ご相談はお気軽にご連絡下さい。

上記の内容に関しての質問でも結構ですし、住まいに関する質問や建物の水漏れのご相談も受け付けています

質問やお問い合わせはこちら