エアコンの電気代、お得な情報

テレビ朝日のモーニングショー(2020.8.26放送分)でエアコンの電気代についてお得な情報がありましたのでお知らせしますね。

一般社団法人日本冷凍空調工業会専務理事の岡田哲治さんが語っていましたので是非参考にして下さい。

熱帯夜(25度以上)に8時間つけっぱなしにすると電気代は?

1日あたり約120円(8帖〜10帖で)

去年の熱帯夜の日数は28日だったので、単純計算してみると、ひと夏で3,360円。

1日あたり120円を高いとみるか、安いとみるかは個々人の感覚によって違うと思います。

では高齢者が熱中症で入院した場合の自己負担は約50,000円。

私も貧乏性なので電気代は非常に気になります。

しかし、熱中症で仕事が出来ないことのリスクを考えると120円なら仕方がないと思うようにしています。

暑い日に、外出したり、私たちのような現場で作業する人はたいへんです。

水を買うのも今や100円以上しますし、今日のように暑い日は水分補給で確か水を5本は買って飲んでいますから120円どころではないですね。

体の事を考えれば夏の電気代が上がるのはやむを得ないと考えましょう。

少しでも電気代を安くするには

日中ですが室外機にスダレなどを置いて日陰を作るようにすると19円の節約になります。

30分の外出であればエアコンを切らない。

エアコンが一番電力を使うのは暑い部屋を冷やそうとする時。

涼しい部屋であればエアコンも頑張らないので結果節電になります。

コロナで換気が必要

換気する場合はエアコンはつけっぱなしで、出来ればエアコンから一番遠い窓を開けましょう。近い窓だと冷気がそのまま外に出てしまいます。

換気ができるエアコン。

換気ができるエアコンがありますが、外の空気を室内に取り入れますが微量ですのでコロナだから換気のできるエアコンが良いとは言えません。

古いエアコンは電気代が高い

30年前から使っているエアコンは1日の電気代が約520円。

最新のエアコンは1日の電気代が約400円。

これだけでも熱帯夜に8時間つけっぱなしにする価格分の差があります。

古いエアコンは冷気は設定した温度と風量しか出ませんが、最新式のエアコンは部屋が冷えると温度や風量を調節してくれるので体にも優しいのです。

エアコンに関するご質問はこちらまでお願い致します。

エアコンの隠蔽配管とは

一般的にエアコンを設置するのはベランダに面している部屋に室内機、ベランダに室外機です。

この場合は室内機と室外機は2〜3メートル位の管でつながっています。

この管のことを冷媒管と言います。

ベランダから離れた位置にある部屋はベランダまで冷媒管が壁に埋め込まれています。

これが隠蔽(いんぺい)配管です。

室内の壁にこんな感じの物があればそれはエアコン用の配管なのです。

この水平の物は配管カバーで中には冷媒管があります。

カバーを外すとこのような物があります。

冷媒管は2本の銅製の管で周りは保温材で覆われています。

その下に見える細い線は電線で、室内機と室外機の電源供給や通信を行う為のものです。(この線も室外機置き場まで冷媒管と一緒に配置されています)

量販店の工事で連絡線が短いので工事が出来ません、と言われるあの連絡線です。

さらにその下はドレン管。

エアコンの室内機内部で結露した水を排出する為のものです。

ベランダに面した部屋の場合はベランダに排水すれば良いのです。

しかし隠蔽配管の場合は必ずドレン用の排水管が壁の中に設置されています。

取り付け時に排水管に接続します。

このように点検口を設置しているケースもあります。

上記画像の場合はこの点検口で冷媒管やドレンホースの接続を行います。

一番気を使うのは冷媒管があと10センチ足りないとか5センチ短い、と言う場合。

接続箇所は少ないに越したことはないのですが届かない場合は現場に合わせて延長工事をしなければなりません。

隠蔽配管で取り付け工事をする場合、予期せぬ事象が出てきます。

壁内の排水管の位置が悪くて冷媒管を無理に室内機の収めなければならないこともあります(本当は壁を壊して排水管の位置を移動したいのです、しませんが…)。

連絡線が5センチ短かったりと言う事もあります。

単純明快な工事だけではなくイレギュラーな事案があるので工事費は一般の設置工事代より高くなります。

室外機の搬出搬入困難事例

今日もエアコン交換の工事をしてきました。

室外機の搬出と搬入に苦労しました。

多分量販店の工事の人は無理だと帰って行ってしまうと思います。

それは何故かと言うと

  • 連絡線が短くなる
  • 冷媒管を交換しなければならない
  • 既設室外機の搬出が1人ではできない
  • 新規室外機の搬入が1人ではできない

上記4点をクリアしなければならないからです。

木造の戸建で道路の真反対に室外機が6台と給湯器、その他がズラリと並んでいて且つ出窓があるのでなかなか室外機にたどり着かない。

まず室外機を搬出しないと新しい室外機の置く場所がないのです。

室外機の搬出と搬入に4人がかりで当たりました。

古いエアコンはナショナル製の3.2kWと言う今は存在しないエアコン。

冷媒管も特殊で2分と4分管(今はこのペアはなく2分と3分になっています)なので冷媒管も交換することになりました。

約8mの冷媒管は外壁にダクトモールでこれまた別の出窓の下を通っていてかなり狭く、配管交換も建物と隣地境界線の間が20センチしかない所もあり体を入れるのに一苦労しました。

工事完了(約5時間かかりました)。

ナショナル製の3.2kWからパナソニック製品の3.6kWになりました。

今回見積書には記載していなかった項目として

  • コンセント交換
  • 100Vから200Vへの電圧切り替え工事
  • 冷媒管交換

をお客様ご了解の上交換工事をしました。

エアコン工事に関するご質問はこちらへどうぞ

エアコンの電線が短い⁉︎(連絡線、渡り線)4

量販店でエアコンを注文したのに、下見に来た人が「連絡線が短いので出来ません」と帰って行ったと言う事例がまたもやありました。(最初の事例はこちら

このような事例は全て隠蔽配管(いんぺいはいかん)です。

画像の中の2本白い物がニョキッと出ているのが隠蔽配管の冷媒管です。

さらに配管と共に埋め込まれているの3芯のケーブル(電線)が短いです。

同じような断られたお客様から連絡を頂きました。

室内機側は冷媒管はギリギリで長さは足りますが、連絡線(=渡り線=電線)が足りない。

室外機側は連絡線は十分足りますが、冷媒管が短い。

室内側はケーブルを延長し、外側は冷媒管を延長しました。

このような冷媒管の延長は部品代もそうですが、時間がかかってしまいます。

量販店から工事を請ける方々はこの時間ロスをかなり気にするようです。

一日に取り付ける台数にノルマがあるのか、台数を多く取り付けないと一日の日当が出ないのか?分かりませんが、面倒な工事は「できません」で帰っていくようです。

これでは買った側はどうすれば良いか途方に暮れるしかありません。

そのような経緯で弊社のホームページにたどり着いたと言っておられました。

お問い合わせはこちらへどうぞ