畳の部屋をフローリングに2

畳の部屋をフローリングにの続きです。

大工工事が終わると今度はフロアタイルの工事です。

まずは下地の処理です。

板と板の隙間、ビスの部分にパテを入れ平面を作るのがフロアタイルの下地処理です。

割付を考え基準線を出して貼り始めます。

端に隙間がないように、各フロアタイルに隙間がないように、また接着剤のオープンタイムも気にしながら貼ります。

フローリングよりもキズに強いフロアタイルを貼り終えました。

見た目は全くフローリングのようです。

この床の下地組は置き床で防音規定をクリアしていますので仕上げでフロアタイルを使いました。

マンション規約を無視して貼ると後で全部やり直しになりますのでマンション管理組合の規定はクリアしなければなりません。

フロアタイルは色あせも少ないので長く使って頂けると思います。