床がフニャフニャ その2

昨日と同じ建物の玄関と台所のお部屋の工事です。

光の加減で床が波打っているのがわかります。

合板を剥がしました。

新しく合板を張ります。

最後にCFを貼り終了です。

CFは最近の柄にしました。

結論

床下からの長年の湿気で合板が劣化してしまい、本来なら薄い木が直交して接着されていて強固なはずの合板がミルフィーユ状態になってしまった為歩くと床が沈むような状態になってしまった。

畳の下の床は張替、畳はそのまま使用。CFの部屋はCFを剥がし、劣化した合板を張替、新しくCFを貼り床の工事が終わりました。

入居の方は快く協力していただきまして工事もスムーズに運びました。

ちなみにCFのデザインも変わったので新しい部屋に住み変えたようだ、とおっしゃって頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です