タイル張りのお風呂をユニットバスに

 タイル張りのお風呂は夏はまだ良いのですが冬になるとお風呂に入るのが億劫になるほど寒いですよね。

冬、タイルに足を踏み入れると本当に冷たい。

そんな時はスノコを置いて使いますがこのスノコも洗っておかないと石鹸カスなどで滑ります。カビも生えますし。

ユニットバスにするのは非常に有効な手段だと思います。

ただし、戸建てのタイル張りのお風呂は解体工事をしなくてはなりません。

殆どのお家が一階にお風呂があるので画像のように土が出てきます。

まだ解体の時の騒音は床や壁のコンクリートやタイルを解体をハツるのでかなり大きな音が出ます。

【ユニットバスのデメリット】

を考えてみましょう。

工事に時間がかかる。

工事の時、騒音が出る。

タイル張りのお風呂より小さくなる。

浴槽(湯船)の深さが浅くなる。

などでしょうか。

【ユニットバスのメリット】

も考えてみました。

TOTOはカラリ床、ホッからり床など冬の冷たさを最小限になるよう配慮した設計になっています。

お風呂出た後の洗い場も水たまりが少なくなるようになっています。

浴槽も魔法瓶のように冷めにくい構造の浴槽を選べます。

お風呂に入る時の段差が解消される。

浴槽(湯船)に入る時の落差が少ない。

 タイル張りのお風呂は換気扇がないケースもありますが換気扇が設置できます。

また換気扇よりも浴室換気乾燥機にすることもできます。

浴室換気乾燥機(通称:バス乾)はお風呂に入る前に浴室を暖房できるのでヒートショック軽減に大きく役立ちます。

特に持病のある方や高齢者には、私個人的にはお勧めしています。

ヒートショックで亡くなる方が多いからです。

これからユニットバスへのリフォームを考えている方は参考にして下さい。

追い炊きのないお風呂を追い炊きがあるお風呂にする

追い炊きがあるとお風呂は後から入る人が助かりますよね。

特にお父さんは仕事から帰ってお風呂に入るとなると、子供たちが入ってから数時間の差がある場合はかなりぬるくなってしまう。

お父さんが入る直前にお湯を沸かし直せば適温になります。

追い炊きがない場合はこの2本の管がありません。

つまりこの2本の管は浴槽から給湯器に行って加熱されたお湯が浴槽まで戻って来る大切な管なのです。

ただ、このようにエプロン(浴槽の前面カバー)を外さなくても分かります。

湯舟(浴槽)上から見れば追い炊きがあるか、ないか一目瞭然です。

下の赤丸の箇所にお湯が出てくる穴がない場合は追い炊き機能なしです。

次の写真の赤丸が追い炊きのお湯が出てくる穴です。

元々追い炊きの無いところに追い炊きを追加することは出来るかどうか。

単に出来るか出来ないかと言えば殆どの場合が出来ます。可能であります。

ただし、予算には限りがありますから、工事の内容によっては断念せざるを得ないことも多々あります。

私たちは必ず現地調査と言う工程を経て見積書を提出します。

また、マンションの規約(理事会での規則)などによって工事が出来ないとされている場合もあります。

それは追い炊き機能を追加すると給湯器の能力を上げなければならないことがあり、マンションでは給湯器の能力を全世帯で上げられるとガスの供給能力が追いつかなくなるからなのです。

ただ、一戸建ての場合は追い炊きにする工事は上記のような問題はありませんので、楽に出来ます。

追い炊きをお考えの場合は一度現地調査をした上で予算内で出来るかどうかを検討された方がよろしいかと思います。

一例として、マンションで床下に配管が出来、お風呂まで配管が出来たことがあります。

そのケースですとお風呂の交換、配管工事、給湯器の交換工事など全て含めて100万ほどで出来ました。お風呂の交換工事が70万、配管工事が15万、給湯器交換工事が20万(床の工事は別途です)でした。

 

 

 

 

お風呂工事の日程について

お風呂の交換。

工事日程はどれくらいかかるのでしょうか。

マンションの場合で考えてみますので、参考にして下さい。

1日 共有部の養生工事、既存のお風呂(ユニットバス)解体

2日 配管工事(給水管、給湯管と排水管の移設)と照明や換気扇と給湯器リモコンの電気配線処理など

3日 ユニットバス搬入及び組立

4日 壁の復旧大工工事と内装工事、養生の撤去

ちなみに、お風呂は3日めの夜はコーキングが硬化していませんので入れません。

4日めにはまだ壁や内装が未完成ですがお風呂は使えます。

これが戸建の場合でしたら、3日間に圧縮できる可能性があります。(マンションの場合それぞれのマンションの規定にもよりますが9:00〜17:00と言う時間的な縛りがあるので、4日を工事期間としてお願いしております)

工事日程は上記のとおりですが、見積書を提出してお客様と契約が成立した後のこと。

工事届けの書類(こちらで入手する場合とお客様に取り寄せて頂く場合がございます)と近隣へのご挨拶が必要ですので、マンションの場合、専有部のお部屋の上下の住戸と左右の住戸に工事のお知らせを届けてご挨拶をします。

お客様から近隣の方にご挨拶をして頂けると工事もスムーズに運びます。

さらに見積書を提出する前の事です。

もちろん説明に伺いますが、是非ともショールームに行って頂きたいです。

カタログの色と実物の色は少し違いますし、印刷物と実物の印象も違いますし、手触りなども体感して頂きたいのです。

また、カラリ床やホッカラリ床、浴槽の形状、パネルの色合いやアクセントパネルとの組み合わせ、また照明器具、シャワーや蛇口の形状や使い勝手などを是非見て欲しいです。

また、手すりは必要か否かは将来を見据えたオプションになりますので慎重にご検討ください。

その時の見積書や図面が工事の時に必要なものになります。

単に価格だけではなく、使い始めて「こんなはずじゃなかった」と言うことを少しでもなくすことが私たちの仕事でもあります。

カタログを見て、私たちの説明を聞いて頂き、ショールームに行って頂き最終的に決めて頂くと言う流れが非常に大切なことです。

TOTOバスルーム

 

浴室の鏡をキレイに保つ方法

浴室の鏡はかなり早く汚れが付着しますよね。

水垢と呼ばれる汚れが付着します。

ただ単に水やお湯だけが付くならまだしも、石鹸カス、人の垢などが混ざって付着するのです。

鏡を常にキレイにしておくためには、自動車のワイパーのような物で(以前IKEAで売っていたと記憶していますが…)お風呂が終わったら最後に水をそのワイパーで切っておくこと、それだけです。

水に含まれる塩素などが乾く時に固まるのです。

これが固まって層になると本当に落としきれません。

ダイアモンドパッドと呼ばれる水垢取りがあります。これで、ある程度は落ちますが、しつこい汚れは落としきれません。

白く層になった頑固な汚れはダイアモンドパッドのような硬いもので擦らなければ落ちません。

しかし、それほど硬いものなので、鏡本体に擦り傷をつけてしまい、結果汚れが付着しやすくなってしまいます。

結果、鏡を交換するしかないのです。

やはり汚れのない鏡はキレイですね。

新しくなったら、例のワイパーで水を切っておきましょう。

団地のお風呂をユニットバスに交換できるだろうか?

お風呂について過去のファイルを調べていたら2013年の工事資料が出てきました。

以前のお風呂がこちら

団地サイズで換気扇はありません。高度経済成長時期の団地はあこがれの存在でしたが、水回りの湿気を換気するのは「窓」と言う考え方だったのでしょう。

小さな湯舟でバランス釜

壁はカビがあり、塗装もはがれています

天井付近も塗装の剥がれが目立ちます

洗い場も小さく且つタイル張りの為、保温シートを敷いています

床をはつり、壁のタイルもはつって殆ど以前の面影がなくなっていきます。

この時はかなりの難工事で、戸建てのお風呂の解体工事の方がずっとスムーズでした。

通常マンションはコンクリートの壁が多く上下左右にも住戸があるので意外と暖かいのですが、戸建ての場合は外気と直接触れるので真冬は寒いのです。

ユニットバスが入るかどうかのギリギリだったのです。

工事途中の写真はこれだけで、今思えばもう少しこまめに撮っておけば良かったなぁ、と思っています。

そして仕上がりがこちら

全く変わりましたが、同じ現場の画像です

この時の他の箇所の工事状況がこんな感じです

フルスケルトンではありませんが、躯体(構造体=コンクリートの壁)がむき出しの状態で、ところどころ使える部材は残しての工事でした。

出来ればフルスケルトンの方が工事としてはやりやすいのですが、予算もあることですので、可能な限り残して工事を行いました。

残す物がある(例えば床の一部を残すなど)とその床を基準に他の部屋の床の高さを合わせていかなければならないので、多く手間がかかる場合もあり(この工事ではありませんでしたが)逆に人件費がかさみ結果残すことによって高くつくケースもあります。

しかし、そんな場合は費用対効果を考えて提案致しますので、少しでも安くできるよう努めています。

今回のお風呂のケースは、たまたま、ぎりぎりでユニットバスが入る寸法だったので、何とか無事に工事を終えましたが、サイズが合わなければ画像のようなユニットバスにはならない場合もあります。

寒いお風呂からの脱出2

今日は土間コンクリートの打設です。

昨日ユニットバス組立業者さんが来て打ち合わせをした結果、天井もやはり解体が必要とのことになり、今日は天井の解体とユニットバスを組み立てるお風呂場に土間コンクリートを打設する作業です。

天井を解体しました。

コンクリートを練ります。

鉄筋を配置した後コンクリートの打設です。

日曜日1日置いて月曜日から給水給湯の配管をポリで、バス暖房乾燥機の為と照明器具の電気配線、ダクト配管などを行います。

本日はここまでです。

浴槽交換はお得か?

INAXのユニットバスの浴槽のみの交換工事です。

このマンションは18年前に竣工していてその時点で最新式のINAXのユニットバスです。

浴槽はFRP(強化プラスティック)で作られています。

浴槽も18年経過すると(勿論使い方にもよりますが)FRPの表面のゲルコートが剥がれたり劣化したり入浴剤などが微妙にしみこんだりすると黄ばみが出てきます。

そこで浴槽の交換のみの交換かユニットバス全体を交換するかが問題です。

ユニットバスを交換する場合の費用と浴槽のみ交換の費用を考えてみます。

この浴槽は¥64500+エプロン¥16000+その他の部材¥2100

計82600

これに交換工事費、既存浴槽の廃棄処分費が¥60000

合計約143000

これに対してユニットバスは本体だけでも700,000はしますが工事費などを入れて値引きをしてもほぼ700,000程と考えても1/5位の費用になります。

結果、浴槽のみの交換になりました。

古い浴槽を外します。

上の画像を見るとお湯を張った辺りを境に水垢のような色の違いが分かるでしょうか?

浴槽を外すと浴槽を固定する為のフックが(画像では)4個見えます。

これがある為ハウスクリーニングでは手の届く範囲までしか浴槽の下は洗えません。

ご覧の通り汚れが残っています。

余談ですが、前の日のブログの記事の通り、この浴槽を外す時に私の左足親指に浴槽がドンと落ちたのです…痛かった…

壁ギリギリに浴槽が入っているので外す時には水栓金具、給湯器のリモコンなどを外さないと浴槽が外せないので必ず水道の職人にお願いしなければならないです。(当該ユニットバスでは湯はりがあるのでその配管も外します)

二度と落とせない汚れをきれいにした後新しい浴槽を据え付けます。

その後循環金具(湯はりの為の管)、リモコン、バス水栓を取りつけ、エプロンを装着して完了です。

余談ですが、2年くらい前に別の物件でやはりINAXの同じシリーズの(サイズは違いますが)浴槽を交換した経験がありますがその時はエプロンの在庫が無い(在庫が無いと言うだけでなく生産もしてない)と言うメーカーからの回答でしたが、今回は問題なく入手できたので良かったです。(本当になかったのかはどうも疑問なのですが…)

ユニットバスも20年を超えると少しづつ劣化します。壁も鋼板を材料にしている場合、サビが出てきます。

このサビが増えてくると漏水事故が起きるケースがありますので要注意です。

ユニットバスの中の一部分の交換はほぼ定価となり、で割高にはなってしまいますが全交換よりは安価になります。