フローリングのキズ

フローリングのキズは目立ちます。

ましてや凹みではなく削れているとかなり目立ちます。

賃貸物件だと借りる側が敬遠することもあります。

やはり印象が悪いですね。

同時にキズがあると借りる時自分の責任になるのではないか、と思うこともあるようです。

他人が付けたキズを自分のせいにされてはたまったものではない、と思うのが人の常。

入居しているとキズがつくこともあるでしょう。そうなるとどれが自分が付けたキズでどれが最初からあったキズなのか判別が出来なくなる。

退去の時に故意過失とみなされないようにしたい。

そんな心理が働くでしょう。

私も退去の立会いをやります。

壁紙を貼り替えたにも関わらず入居当時から壁紙が破れていた、と嘘をつく人もいるのです。

そんな経験もありますがやはり内見の時にはキレイなお部屋を見てもらいたい、と言うのが大家さんの本音でしょう。

今回は歩くと「パシッ」と床材が弾けるような音がしますので床下の補強をします。

補強すると言うことはフローリングを開口するので復なければなりません。

復旧を新しいフローリングで張り替えると他の部屋と色も違うし、費用もかかります。

費用面を考慮するとクッションフロアに張り替える方が安いのです。

そんな提案を大家さんにしました。

板幅75ミリのタイプで色を合わせると画像の型番になりました。

出来るだけ費用対効果を考えて大家さんに提案をしています。

フローリングの張り替えをクッションフロアで代用。塩ビタイルで代用することも出来ます。

どちらにしてもフローリングを解体して新しいフローリングにするよりリーズナブルです。

是非提案をさせて下さい。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

トイレの水漏れ

弊社のブログを見た方から電話を頂きました。

トイレの水漏れ、とのこと。

お近くなのと丁度時間が空いていたので調査に行きました。

トイレの水漏れと言いうと、

  • 給水管からの水漏れ
  • タンクと便器の間の水漏れ
  • タンクが割れて水漏れ
  • 便器と床の間からの水漏れ

などがあります。

今回は止水栓(給水管)から水漏れでした。

給水管の水漏れの箇所は継手のところからがほぼ99%です。

パッキンの劣化によるものです。

常に使っているとそれ程問題は無いのですが賃貸物件のように空き部屋になり半年使わない場合、ゴムが乾燥して劣化が進むことが多々あります。

便器とタンクの間のつなぎ目から水漏れがあるのもタンクに水がなくなって半年間放置するとゴムが乾燥したり縮小したりして水漏れの原因になります。

1週間に1回程度は水を流すようにした方が良いです。

今回止水栓を交換するにあたり壁から出ている給水管がサビで割れる事もあるのでベテランの水道屋さんに依頼します。

新築当時の水道屋さんがどんな人なのかどのように収めたのかが分からないのでかなり怖いです。

と言うのも、給水管が壁の中で固定されていない事もあります。

止水栓を外したら壁の中で給水管が傾いたりする事もあるのです。

そうなると壁を壊して給水管を下の位置に戻さなければならなくなり工事が大きくなるのです。

ここは勘所がある専門家にやってもらうべきです。

そんなわけで見積書を提出しました。

水漏れについてのご質問はこちらへどうぞ。

台風に備えてガラス対策を

台風に備えてガラスにテープを貼っている光景を見たことがありますが、あまり対策にはなっていません。

対策になっていると思い込む方が危険です。

スリーエムのガラスフィルムは防災対策になるのです。

次のガラスの割れ方の動画をご覧下さい。(特に1分2秒あたりから)

このように養生テープではガラスの飛散防止にはなりませんし、ましてや割れない為では全くありません。

ワイヤー入りガラスは飛散防止ですが、フィルよりは破片が飛び散ります。

雨戸のないお家では大型の台風が来る前にフィルムで飛散防止をした方が良いと思います。

飛散防止フィルムが万が一の時に身の安全を確保してくれます。

※プライバシー保護の為の室内が見えないフィルムはこちら

心当たりのある人は検討した方が良いと思います。

ご質問はこちらまで

水漏れは気付きにくい

水漏れはなかなか気づかないことが多いです。

天井からバケツをひっくり返したような水漏れだと分かりやすいですが、あまりないです。

水漏れは壁の中で微量に漏れることが多いので気がつくまでに数日から数ヶ月かかることがあります。

何で気がつくかと言うと

  • 湿気が多くなった
  • カビが生えてきた
  • 臭いがしてきた

などがあります。

壁に黒いカビの跡が出たり、床がカビで黒ずんできたりすると壁の石膏ボードや床の合板や根太などの角材が腐食している可能性があるので、早急に対処が必要です。

水漏れの原因は接続ミス、鉄管の老朽化が多いでので漏れ方が少しづつなのです。

地震で管が折れるなどした場合は、かなりの水漏れはあります。

少しでも「おかしいな」と思ったら早めに専門家(工務店、リフォーム会社、水道工事店)に相談しましょう。

水漏れかな?と思ったらご相談ください。

視線をさえぎる

アパートの外階段。

隣からの視線が気になると言うことで目隠しを交換してきました。

既存の目隠しで使用している波板が古くなったのこと。

長さや幅が十分でないので隙間があり、2階の外廊下部分は隙間が大きく目隠しの役割が薄い。

一部隙間が広い部分は毛布で隠していました。

雨が降ると毛布なのでビショビショ。

ただし、新しくしても階段の構造上、どう目隠ししても隙間がゼロにはならない。

それでも隠す面積を大きくして施工しました。

古い波板は撤去。

乳白色の波板で張りました。

これでお隣からの視線は気にならないと思います。

画像では波板が上下重なっていますが、元は1枚でしたので視線は気になると思います。

あまりエクステリア工事は多くありませんが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

使用した波板はタキロンシーアイの乳白色です。

波板のほとんどが透明か半透明なので目隠しにならないので、複数社探してこのタキロンシーアイのアクリルの波板(57)にしました。

ポリカーボネイトの波板の方が丈夫ですが、予算の関係でアクリル板にしました。

ポリカとアクリルだとポリカはアクリルの4、5倍の価格です。

雨も降らず工事むきのお天気でした。

目隠し工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

ガッテンに資料提供

水漏れについて拙ブログを見ていただいたようでNHKのガッテンから連絡が入りました。

画像資料提供を致しました。

どれが使われるのかは分かりません。

番組内容や詳細は分かりませんが、来る9月30日の19:30から放送予定だそうです。

私も楽しみにしています。

ちなみに水漏れはジワジワと起きるので数日から数ヶ月経過しないと水漏れだとは分からないことが多いです。

水道管からの水漏れは継手が原因のケースが多いですが、それでも1分に1滴位だと本当に気が付かないです。

画像はお風呂の水が床に染み込んだのではありません。

これは洗濯機の蛇口の継手から微量の水漏れで半年経過したものです。

壁から床に染み込むまでに数ヶ月かかった為気付きにくい結果になってしまいました。

またお風呂や洗面所は湿気が多いので特に水漏れの湿気には気付きにくいと思います。

水漏れを早期発見するには

  • 湿気が多い気がする
  • いつもとは違う臭いがする
  • 壁にシミができた(特に表面ではなく裏側から)
  • 床にシミができた(CFのようなビニールシートの表面ではなく裏側から)
  • その部屋だけカビが生えてきた

などは要注意です。

いつもと違うな?でも気のせいかな?と思ったらこちらまでお問い合わせください。画像などがあるとアドバイスができるかもしれません。

お風呂あがりのカビ対策

お風呂から上がる時、カビを極力発生させない為にシャワーで洗い流すと良いと聞きます。

では厚いお湯で洗い流すのか、冷たい水で洗い流す方が良いのか、どちらでしょうか。

どうやら石鹸カスや皮脂などを洗い流す為には熱いお湯で洗い流すのが良いようです。

しかし、この熱いお湯の蒸気が湿気を生みカビが発生する環境を作り出すようでもあるのです。

カビが好む環境は

  • 湿気
  • 温度
  • 酸素

の3つです。

お風呂場はカビにとって最適な環境なのです。

できれば水分はない方が良いのでスクイジー(車のワイパーの手動型みたいなもの)で水を切っておく方が良いでしょう。

それも面倒だと言う人はお風呂から出たら、温度を高めに設定して洗い流す。

その後に水をかけて蒸気が出ないようにすることが一番簡単だと思います。

私はその後、換気扇を90分間稼働させています(スイッチのタイマー付きで)。

カビの発生は夏場が一番活発になります。

この酷暑の日々が続いている時は上記の方法だけではカビの発生は抑えられませんでした。

カビキラーでカビを除去しました(防毒マスクを着用しています)。

それでも極端なカビではないので15分も掃除すれば終わります。

お風呂あがりのちょっとしたシャワーでの洗い流しでカビがつきにくいので是非お勧めします。

ちなみに、私は熱めのお湯で洗い流して換気扇を90分回しているだけです。

これでカビ取りは1年に1回で済んでいます。

エアコンの電線が短い⁉︎(連絡線、渡り線)6

「連絡線が短いからできません」と言われて工事を断られた、と言ういつものセリフ。

家電量販店でエアコンの交換を依頼したのに下見に来た人が言うセリフです。

今回「解決工房」にご依頼頂いたお客様からの情報です。

お客様は2台購入され、1台ベランダ側の方は設置してくれたようですが、隠蔽配管の方は断わられたそうです。

断られた理由は上記のセリフです。

確かに連絡線が室外機側が短かったのは確かです。

今日、設置工事をしてきました。 

今回はダイキンの製品。

今はテレワークが多くなり自宅で仕事をすることが多くなり、エアコンの需要が増えているようです。

いつも思うのですが、工事ができないこともあります、と家電量販店はアナウンスするべきだと思うのですが、そう思いませんか?

特に隠蔽配管の工事はしないことにすれば、お客さんも期待せずに済むと思います。

まあ、エアコン販売台数も半端じゃない数字でしょうから、出来ない工事も折込済みなのかもしれません。

この間やはり断られたお客さんは出来ないと言われた時、どうすれば良いですか?

と聞いたら「ご自分で調べて下さい」と冷たく言われたそうです。

批判しても仕方がないのでこれくらいにしますが「町のでんきやさん」でもエアコンと工事をセットで注文すれば取り付けてくれるところは多いはずです。

ご近所にある電気屋さんに聞いてみて下さい。

ちなみに、量販店の工事屋さんは全員ではないのですが、電気工事士の免許を持っていない人が取り付けをしていることが多いので200Vにしたり200Vから100Vにする工事は電気工事士しかできませんので、断られます。

エアコン工事に関するご質問はこちらです。

雨漏りしないように外壁塗装は重要です

外壁塗装の広告が目につく昨今です。

外壁塗装って必ずしなければならないのでしょうか?

絶対にするべきです。

塗装の塗膜で外壁から雨が染み込まないようになります。

塗装したての時は水をはじく力がありますが10年を過ぎると紫外線にさらされる為その力が低下します。

つまり膜を張って雨対策をしているのです。

もう一つ重要なのは、塗装面だけではなく外壁材の継ぎめにはゴム状の(硬化したら)シーリング剤(コーキング剤)です。

外壁材の継ぎ目(隙間)から雨の浸入を防ぎます。

外壁塗装には塗装とシーリングが必要です。

画像は庇(ひさし)と外壁の間に隙間があります。

これは雨漏りの原因の一つです。

階の高い位置でこれがあるとこの下の階の天井や壁に雨漏りが出ることがあります。

外壁の塗装はこういう雨漏りの原因になる箇所はキチンと補修をした後塗装をして欲しいものです。

塗装をして5年も経たずこう言う箇所が出たり、目に見えなくても窓周りは必ずシーリングと塗装はしっかりして欲しいものです。

ただ単に塗れば良いとか、ただ単に安ければ良い、ではダメだと私は思います。

家を建て替えるのは簡単ではありません。

長く住ためにはメンテナンスが必要で、建物の知識を持った(建築士など)有資格者が点検をした方が良いと思います。

金額は少し高くなってしまいますが、雨漏りを起こされることを考えると結果的には安上がりにはなるのは事実です。

塗り替え・シーリングの目安

塗膜は手のひらで外壁をこすってみると塗料のはずなのに粉が手につくはずです。こうなると塗り替え時期を過ぎています。

粉が手につく前に塗り替えするのが本当は家を長持ちさせるコツなのです。

シーリング材はある年数を超えると痩せてきます。

痩せる前に打ち替えをしないと雨漏りの原因になります。

この2つの限界になるのが15年と考えます。

可能であれば10年で塗り替えをお勧めしますが、最長で15年と覚えておいて下さい。

それ以上になると知らない間に雨が外壁内に入っている可能性は大いにあります。

雨漏りが起きてからでは工事費用もかなり高くなってしまいます。

外壁塗装工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

お宅の屋根、壊れてるよ

昔から後を絶たない詐欺紛いの営業。

「近くから見てたんだけどお宅の屋根壊れてるよ」

と作業着を着た職人らしき人物がチャイムを鳴らす。

「外壁に雨漏りの原因があるから塗り直した方がいいよ」

  • 無料で耐震診断をしています
  • 無料で床下を点検します
  • 耐震に問題がある
  • キャンペーン中で今じゃないとこの価格は出せません
  • 塀が傾いてる
  • インターネット光回線
  • 活水器の販売

私のお客様の中にも床下に換気扇を付けられた方もいらっしゃいました。

ご連絡頂いた中にはやはり屋根の修理。

「近くで工事していたんだがお宅の屋根瓦、割れてるよ。見てあげようか?」

親切の押し売りを当たり前のようにしてくるのは本当に気をつけて下さい。

中には屋根の釘がなくなっているから見てあげる。普通は2万から3万するんだけどついでにやるから2000円で良いよ。

などと言う輩もいるようです。

2000円なら良いか、と思ってはダメです。

一旦屋根に登らせたら、ここも悪いあそこも悪いとある事ないこといろいろ言ってくるはず。

本当に善意でやっていたら余計に2000円でやらせてはいけないと思います。

きちんとやるならわざわざ梯子で高いところに登って危険な作業をするのですから通常の代金を払うべきです。

しかし、ほぼ間違いなく詐欺紛いの営業です。

だまされてはいけません。

お電話頂いたお宅へは大工さんと共に行って屋根を見ましたが、やはりどこも悪くないという結果でした。

隣の家から簡単に見える訳が無いのです。

特にお年寄りのいるおうちは十分に注意して下さい。

  • 点検商法
  • 親切を装った営業
  • 不安を煽る営業

は絶対契約してはいけません。

また「今だけこの価格です」などのあおり文句を言う時は特に要注意!

仮に考えるとしても2〜3日もらって家族や知り合いに相談して下さい。

即決が一番危ないのです。

近くの工務店やリフォーム会社、屋根屋さんなどその分野に適した会社を構えているところに相談しましょう。

ちなみにその屋根を見ると言った人間が置いていった名刺には工務店とは記載されているものの株式会社でも有限会社でもなかったのです。

不審に思うことがあればこちらまでご連絡ください。