キッチン照明が壊れたのでLEDに

「スイッチを入れても電気がつかない」

キッチン天井に埋め込まれている照明が壊れたようです。原因は安定器の劣化。

同じ形の照明器具はないので、照明器具を外して照明器具の形の穴をふさぐ大工工事をして、天井だけでもクロスの貼替をして新しくLEDのキッチンライトを取り付けるのが順当です。

そうなるとキッチンのカップボードなども移動しなければならないし、工事の工程が増え工事期間がながくなります。

もちろん、それだけ費用も掛かります。

賃貸物件で、大家さんは費用負担が、入居している方には家具の移動や時間的拘束時間が多くかかるので次のような提案をしました。

照明器具はそのまま生かし、安定器は切り離して電源から直結する蛍光灯型LEDに変更すれば付帯工事は必要ありません。

電気的技術が必要ですが、工事自体は2時間は掛かりません。

大家さんも承諾頂いたので工事をします。

配線を切断し直結します。

今回使用したLEDはフィリップ社製。

配線図通りに結線し直し、結線に間違いがないかを何度も確認し電源を繋ぎます。

点灯確認し完了です。

1時間20分程の工事。

大工工事、内装工事、新品の照明器具などを節約できました。

LED電球について

今はLEDの時代。

家電量販店でもホームセンターでも、私達のようなリフォーム業者でも照明器具を交換する時にはLEDしかない、と言っても過言ではありません。

器具自体にLEDが組み込まれているので電球交換は出来ない器具が大半です。

シーリングライト、ダウンライト等は球が別の器具は少ないです。

電車に乗ると昔の蛍光灯の形をしたLEDランプを目にします。

蛍光灯の形をしていますがLEDです。

この形はオフィスでよく見かけますが、蛍光灯をLED型の交換する事は可能です。

ただし、球を交換するだけではダメで中の安定器を外してダイレクトにLEDに接続する必要があります。

このように器具はそのまま使って球をLEDに交換する事は出来ます。

例えば裸電球の形をしたタイプでねじ込むもの。

これはレフ球ですがこれと同じ口金のLEDもあります。

ですから無理に器具を交換することもありません。

ただしデメリットとしては、デザインを見るとやはり最新の物が格好良いと思います。

もう一つデメリットは器具も劣化しているので器具本体がLED球より先にダメになることは大いに考えられます。

ちなみにダウンライトはLED球よりも安くなっていますので、私達は新品をお勧めしています。

電気代はLEDの方が確実に安いのでそれぞれに見合った器具選びをするべきです。

照明交換

近所のお客さまから照明器具交換の依頼があり「ついでの時で良いよ」と言われておりまして、予定が空いたので伺いました。

キッチンの照明が点灯しなくなったので交換です。

今までの照明器具はケーブルに直接接続していたので電気工事が必要です。(電気工事は電気工事士の免許がないと出来ません)

引っ掛けシーリングに接続して天井に固定します。

引掛けシーリングを取り付けましたので、今後は一般の方でも照明器具の交換ができます。

電気工事士の免許は持っていても天井の仕組みが分かっていない電気工事士は天井の石膏ボードにねじを打ち込みますが、これはダメです。

最近の照明器具は軽くなってはいるものの、石膏ボードは荷重を掛ける素材ではありませんので落下する可能性があります。

分かっている人は最低でも石膏ボードアンカーで固定しますが、照明器具を外す時に引掛けシーリングまで外れるようでは危険ですので要注意です。

古いライトはかなり大きな物なので、粗大ゴミに出すまで置いておくのも厄介とのことで引き取りました。

今回、古いライトはこちらで廃棄します。

キッチンライトは細長い形状の物が多いです。

考えてみるとキッチンスペースはマンションも戸建ても割と細長い空間ですよね。

キッチンが2メートル前後あり、キッチンに向かって背面には冷蔵庫とか、電子レンジ、炊飯ジャー、食器棚などがあります。

このような細長い空間に合わせてライトも設計されています。

蛍光灯ではなくなった今もやはりキッチンライトは細長い物が多いです。

このライトも変圧器を交換すればまだ使える可能性はありますが、この型に合う変圧器を製造していないことと、蛍光灯が少なくなっていくことを考えると消費電力の小さいLEDに変えた方がコストパフォーマンスが良いと思います。

キッチン手元灯

築年数が20年程経過するとやはり照明器具も劣化してきます。

蛍光灯管を新しいものにしても点灯しない。

たまにグロー球の交換を忘れている方もいらっしゃるようですが、それでは点灯しません。

しかし今回はグロー球も交換したのに点灯しないので器具本体の劣化。

キッチンの手元灯も今やLEDしか製造されていません。

画像は交換後のものです。(既存の器具の画像はありません)

一般的にはキッチンの手元灯はヒモでON、OFFをしていたので壁にあるようなスイッチはありません。

LEDになってもやはりヒモ式が必要です。

少しアナログチックですが、仕方がありません。

今回の機種は

PanasonicのLGB52097LE1

定価は12,800円(税抜)です。

現在のLED手元灯は蛍光管のように球を交換することはなく、器具本体にLEDが内蔵されていますので点灯しなくなったら本体ごと交換になります。

その代わりと言ってはなんですが、40,000時間の寿命があるのでかなり長い時間保つと思います。

単純計算ですが1日4時間点灯したとして1年間で1460時間。

10年使ったとして14,600時間。

20年で30,000時間弱。

蛍光管の交換はせずにこの位の時間の余裕があると言うことになります。

飽くまでも計算上であり、劣化の進み具合によるので必ずしもこの限りではありません。

マンション共有部の非常用照明器具

マンションの共有部には外の廊下天井に照明器具があります。

全部が全部ではありませんが停電時に点灯する非常用照明器具があります。

これは電池が内蔵されており停電時(火災の時、地震の時に送電が止まった場合)には電源供給がなくなったことを感知して内蔵電池で電源を供給する物です。

20年近く前の竣工ですので、LEDはなく蛍光灯なので、球切れを起こしますので交換します。

その時についでに電池の状況もチェックします。

10年を超えると電池も交換しなければならないと思いますが、専門的にチェックしなければなりません。

非常用照明器具は非難する時に明かりを確保する為の物ですので、必ずチェックが必要です。

出来れば20年以上経過したら交換が望ましいと思います。

と言うのも電池を交換しても器具本体が劣化していますので電池は正常でも器具の不具合で点灯しないケースもでてきますから。

どんな器具でもそうですが10年を目処に一度見直す事、そして20年経過したものは部品も製造されないので修理すら出来ない状況になります。

10年を目処に是非設備の点検をすることをお勧めします。

収納の中にライト

ウォークインクローゼットの中には照明がありますが、奥行きの浅い収納の中にはあまり照明はありません。

探し物をする時には明かりが欲しい時があると思います。

今回収納の中にダウンライトを設置しました。

枕棚、中棚の下を照らすことは出来ませんが少しでも明るくなるように配置しました。

押入れなどの中を探す時部屋の灯りを点けますが探し物をする自分の体が影を作ってしまいよく見えない場合、懐中電灯などを使う時もあるかと思います。

未完成ではありますが画像をご覧ください。

中に何があるかなど探しやすくなると思います。

日常的なものではありませんが、天井や壁紙が一旦なくなり電気配線が出来るリフォームの時だから出来ます。

画像の部屋はほぼスケルトンになりましたので、実はその隣の部屋のエアコン用の電源がなかったので分電盤からこの部屋の天井を通して配線が出来ました。

原状回復工事では出来ない工事です。

もしある程度解体が出来るなら配線や配管が出来ますので今までなかった設備が設置出来る可能性が広がります。

リフォームの際は新たな事が出来るチャンスです。

それぞれのリフォーム会社さんや工務店さんに相談してみては如何でしょうか。

超薄型LEDライト

超薄型LEDライトを取り付けました。

メーカーはミンテイジ。

取り付けたのは洗面化粧台の吊り戸棚の下です。

今回はベースキャビネットとしてTOTOのサクア、別注の鏡一枚、そしてその上にサクアの吊り戸棚です。

昨日の壁埋め込み型収納も設置しています。

ミンテイジの超薄型LEDの照度はかなり明るくて使いやすいと思いました。

洗面室天井にはダウンライトがありますが、鏡にうつる顔はやはり暗く照明の陰になります。

こんかい設置した照明は存在感を主張せず明るさをもたらしてくれるのでお勧めです。

別角度から撮影すると…

以前は本当に手洗い器としての役目でしたが、今回はシャンプードレッサーとして機能アップしています。

洗面台の下の扉を開けると小さな化粧品など置くスペースもあります。

ではその超薄型LEDライトをご覧頂きます。

サイズ感はこんな感じです。

一般的な棚下灯とは雰囲気は全く違い、ディスプレイにも使われるだけあって申し分ないと思います。

点灯の状態はこんな感じです

ただ、変圧器が別にあるのでその変圧器の収納をどこにするかを考えておかなければなりません。

今回は天井裏に設置しました。

隣がユニットバスなので、点検口配置や点検ができるので全く問題なしです。

それができない場合は壁内に配置することを考えないとスッキリとしたデザインになりません。

ミンテイジ。

新しいアイテムです。

超薄型ダウンライト

数ミリ厚のダウンライトです。

直径も小さいです。

もちろん変圧器は別途あるのでこれだけではありませんが、色々と使えるシーンが見えてきます。

例えば下駄箱の吊り戸棚の下を照らして、宅配便のサインや捺印の時に。

下駄箱の中が大きくて暗い時に。

押入れの中。

本棚に取り付けて見やすくしたり。

同じ本棚でもアップライトにすると雰囲気が変わりますし、フィギュアなどのライトアップにも最適かと思います。

複数台でも連結出来ますので、照度が欲しい場合にも対応しています。

ペンダント型食卓用照明

食卓のテーブルの照明器具としてペンダント型ライトがあります。

シーリングライトは部屋全体を明るくするのですがペンダント型(食卓用)ライトはお料理や食卓での家族の笑顔に照準を合わせます。

部屋全体を明るくした場合は通常の生活感のままですが、一部を明るくすることによって食卓がクローズアップされます。

テレビを消して食卓を囲むシーンがイメージできます。

照明器具メーカーのコイズミ照明のショールームに行ってきました。

 

ライトがONにはなっていませんがこのように数本のペンダントが下がっていると雰囲気も出てきます。

少しショールームを歩いただけでもかなりの種類があります。

ご覧のように照明器具をぶら下げているレールがありますが、このレールがペンダントライトの位置を決めるポイントになります。

天井にある照明用のコンセントに直接接続するとその真下にテーブルを置かなくてはなりませんが、レールを使えばテーブルを移動できます。

また、さらに可変アームを取り付ければテーブルも直線移動ではなく左右にも移動出来ますので、是非照明器具用のアイテムにも注目して下さい。

超薄型LED照明

吊り戸棚の下に取り付けられる薄型のLED照明を探しました。

ネットで調べながらメーカーにサイズ、明るさ、取り付け方法などを問い合わせていました。

小泉照明、ダイコウ、パナソニックなどを調べましたが厚みが30ミリならまだ良い方で40ミリの物ならあります。

ただ、私が探していたのはキッチンの手元灯にも使える器具で且つ限りなく薄い物です。

大手のメーカーにはイメージしていた物がありません。

ミンテイジと言うメーカーの薄型LED照明がイメージに一番近いものだったので、今日「ミンテイジ」さんに行きました。

場所は八丁堀です。

カタログをもらってきたのでご覧下さい。

厚み9ミリ、幅18ミリで長さは300ミリや600ミリなどがあります。

これぞ探していた物。

間接照明としても使えます。

キッチンの棚下灯としても使えます。

長さは300ミリを連結させて600ミリにも出来ますし、オーダーを掛ければ749ミリと言うのも出来るそうです。

電球色や昼白色などもあり、シーンに応じて色を選べます。

上の指先にある細長い物がLED照明(ライティングユニットNEO)です。

また、調光スイッチにも対応していて0%から100%まで対応しているところもすごいと思いました。

ただし、ノートパソコン用の変圧器位のサイズの変圧器は壁内に埋め込むようにしないと折角薄型LEDなのに台無しになってしまいます。

店舗のディスプレイや住宅だと収納内の照明、寝室やリビングに間接照明としても有効だと思いました。

是非サイトを見て下さい。