量販店でのエアコン工事

ある方が某量販店Yでエアコンを買いました。

工事込みの価格だと思います。

工事業者がその方の家に下見に来た時、ケーブル(電線)が短いので電気工事業者にケーブルの延長をして下さい、と言い残して帰って行ったそうです。

で、ケーブルの延長をしました。

いざエアコン設置の日に来ました。

もう1本の線が短いので工事は出来ません、と言って帰ったようです。

結果エアコンはあるけど設置されていない。

エアコンを取り付けてくれる業者さんはいませんか?

知り合いの電気屋さんに状況を説明したら、取付だけでもやってあげる、と言ってくれたのでその方も喜ぶと思います。

今日、何故このような内容の事を書いたかというとこのY量販店は売るだけ売って工事が出来ない業者に任せ、挙げ句の果てに「電線が短いので工事が出来ません」と言ってサッサと帰ると言うのは如何なものかと思うのです。

我々の常識としてはエアコンを取り付けるのは電気工事の会社であり、その社員だとすれば多少時間がかかったとしても、お客様に多少の費用がかかるとしても何もせず帰ると言うのは非常識だとしか思えないのです。

ちょっとケーブルの延長すれば済む話なのに…

ついでに言いますが、我々の業界で仕入れるエアコンと量販店で仕入れるエアコンは見た目は同じですが、量販店のエアコンの方が出力が弱いのです。

そんな裏話もありますがエアコンに限らず量販店仕様がある事を覚えておいた方が良いかもしれません。

ちょっと人を馬鹿にした話だと思いましたのでブログにあげました。

皆さまもお気を付け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です