事務所仕様にする

居住用の部屋を事務所仕様に。

床にタイルカーペットを敷いて事務所のようにします。

クロスはそのままにして、床のフローリングを保護する意味も兼ねてフロアタイルを敷きます。

実はフロアタイルをフローリングに直に置くとフロアタイルの裏のゴムや裏に刻印された文字などがフローリングに残ってしまい原状回復にとても高いお金が必要になることがあります。

フローリングを張り替えるとなるとかなりの費用です。

それを食い止める為に養生をします。

事務所のようにする為にはフロアタイルで仕上げます。

ゴムの部分が問題なので 間にパンチカーペットを敷き詰めます(上の画像)。

そしてその上にタイルカーペットを敷けばゴムがフローリングに直接触れないので劣化がない。

こんな風に何の問題もなく養生が完了。

以前は新築マンションの一室を現地事務所として使う為に養生をしたノウハウがあるのでそれを生かしました。

これであれば土足でも問題なく使えます。

弊社はそんなちょっとしたノウハウを蓄積しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です