最近は畳は敬遠されていて、ずっとフローリングが当たり前のように思われている。

賃貸物件でも畳の部屋は消えつつある。

畳は古いのか?

畳は良くないものなのだろうか?

ふと考えると、子供の頃は畳に寝転がってテレビを観ていた。

フローリングの上に寝転がると痛いと思うので、お行儀よくソファーに腰掛けるか椅子に腰掛けて観るしかないのかも知れない。

最近はフローリングの上に置くように作られた薄手の畳がある。

大建工業から出ている。

また、今日はテレビでニューヨークに住むアメリカ人が自分の部屋を和室にリフォームしていたのを見て、畳は良いものだと再認識した。

そのアメリカ人は「あ〜〜〜」と言いながら畳の部屋にゴロっと仰向けになっていた。

あの感覚はすごく落ち着くと思う。

畳を毛嫌いしないでも良いのではないか、とふと思ったので綴ってみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です