出窓のカウンター

出窓のカウンター交換工事なのです。

新築の場合枠とカウンターを先にビスや釘で組んでその後窓に差し込むのでカウンターだけを取り出すのがかなり難しいのです。

大工さんはあまりらやってくれません。

何故かと言うと、枠や壁やクロスなどをキズ付ける(だけならまだしも壁も壊れる可能性が大きい)からです。

今回は上手くカウンターだけを取り出してくれたので大いに助かりました。

リフォームでは一部分を交換するのが一番難しいのです。

上手くカウンターのみ撤去できたところ。

この状態からカウンターを組み込む為の下地組みをして前のカウンターと同じ大きさで前の跡を埋めるように差し込みます。

もちろん同じ製品はありませんから板から切り出し加工して手前の厚みのあるところは厚みの違う板と重ね合わせて作ります。

板で組み上げた後ダイノックシートを貼り込み、最後はコーキングで隙間を埋めて完了です。

普通は壁を壊し枠も壊して新しい製品を組み込んだ後壁の復旧、塗装、クロスの貼替と言う2から3工程が別途必要になります。

今回は上手く外れたからラッキーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です