ドラム式洗濯機の為に

ドラム式洗濯機のサイズが大きくなってきているようで今までの基準の水栓の高さだと洗濯機が置けない。

先日もそう言う案件があったのですが、L型の水栓に交換してその場を凌ぎましたが、今回は実際に給水管の位置を壁内で上に上げます。

一旦切断して高い位置でエルボで壁から出す為です。

この後位置を変えて壁を塞ぎます。

古い水栓の位置は(管の中心が)床から1200ミリ。

ところが洗濯機防水パンの高さが5センチ高い位置になる為管の中心で1150。

最近のドラマ式洗濯機の高さが1155で5ミリから10ミリ水栓が低い為設置出来ない。

家電製品のサイズの標準値が変わるので家の方があわさなくてはならないと言うことになってしまいます。

上の画像の後、クロスで化粧をした後新しく水栓を取り付ける予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です