トイレのインテリア

トイレのCFの貼替で雰囲気を変えます。

何の変哲もない普通のトイレです。

クロスは一般的なもので、CFも十数年は貼り替えていないと思います。

古いせいか、少し冷たい感じ(と言うか素っ気ないとでも言った方が良いでしょうか)がします。

今回クロスは正面を白に、他の壁を淡い水色で貼り替えました。

そして床は女性的な雰囲気のフレンチアンティークタイル柄の

サンゲツのCF、HM-4116です。

このCFはぱっと見、昭和な感じがするかも知れませんが、サンゲツのカタログには「ヨーロッパにあるアパートの一室のようなアンティークの風合いを大切にしました」とあります。

確かにこんなCFは今までなかった。

つまり、昭和ではなくヨーロッパのイメージなのです。

以前のインテリアに比べてかなりオシャレになった感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です