ハウスクリーニング

原状回復工事の時は必ず最後にハウスクリーニングを行います。

気になるところは水回りですが、最後の最後に床を洗浄し、ワックスを塗布します。

その洗浄にポリッシャーを使いますが、たまに私もやります。

昔取った杵柄。

その昔、中学生の時に初めて操作したのですが、年配の体が細い数学の先生が簡単に扱っていて生徒が代わる代わるそのポリッシャーに振り回されていていて、私もヤッパリ振り回された記憶があります。

パッドを回転させて洗浄しますが、その回転に合わせないととんでもない力で振り回されます。

コツを掴むのとなんということはないのですがそれなりに練習を重ね研究を重ねて今に至るのです。

必要な時はこうやってポリッシャーを積みます。

フローリングなので洗浄液は早めに回収しなければなりませんので、水を吸える掃除機で洗った後の汚水を回収します。

ハウスクリーニングの紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です