エアコンの為のコンセント移設

一戸建ての2階の洋室。

エアコン用のコンセントはあるのに、エアコン用の穴がない…

それなら穴を開ければ良いのですが、

と思ったら穴を開けたくても壁の外側は雨戸の戸袋がある。

まさか雨戸にも穴を開ける訳にはいかない(雨戸に穴を開けて配管したら雨戸は閉まらなくなる…)。

雨戸のない方の壁に穴を開ける事にしましたが、今度はコンセントが遠い…

窓の左側にエアコンを設置すると電源が窓の右側にあるので、エアコンから延長コードで延長することも出来ますが、リフォームをするなら、うち壁に配線をしたいのです。

何故こんな設計にしたのか分かりませんが、住む人の気持ちを考えてもらいたいものです。

窓の右側にあったコンセントを壁の中を通して延長します。

電気工事に加えて壁を解体し復旧する大工工事が必要です。

何はともあれ電気配線を延長し左側にコンセントを移動。

エアコンの冷媒感用の穴を開けてコンセントを移動するので、エアコンも簡単に設置できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です