外壁塗装はつらいよ

一戸建ての外壁塗装なのですが、雨になると塗れないのです。

3月に入ってから急に雨が多くなったような気がしますが、気のせいでしょうか。

足場を掛けた後くらいから雨。

高圧洗浄は出来ますが、塗装は出来ません…

晴れている日はご覧の通り。

今回はサイディングの柄をそのままにする為、壁はクリアで塗装します。

シーリングも打ち替えです。

屋根は元々の色で黒で塗装です。

外壁や屋根の塗装は雨の侵入を防ぐために行うものです。

塗装は経年劣化をします。

分かりやすい判定は、もしご自宅の壁が色付きのペンキなら手のひらで壁を擦ってみましょう。

決して強く擦ってはいけません。

ザラザラの場合手のひらにキズがついてしまうからです。

手のひらに白い粉のような物が残ったら塗料の経年劣化を表しています。

壁の細いひび割れや大きく見えるひび割れがあると雨が壁内に侵入してきます。

木が水によって侵食される原因です。

また、シロアリは湿気の多い所を好みますので木材が食い荒らされるのです。

またシーリングの劣化も水の侵入の恐れが多いです。

単なる水の侵入に加えてシロアリが食うと家そのものの危機です。

酷い状態になる前に外壁を保護すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です