ダウンライト

最近のダウンライトはLEDなので小さくなっています。

昔のダウンライトは直径が200mmはザラにあったのですが、今は100Φがメインです。

天井にデカイダウンライトがあるとかなり存在感を主張しているな!と思いますが100Φ位だと明るいのに存在感を感じさせないのです。

今回、廊下は200Φのダウンライトでボール球のタイプだったので、LEDの100Φのダウンライトに変更しました。

天井の石膏ボードの大きな穴は塞いで少し位置をずらして100Φの穴を開けました。

洗面室も同じ大きさだったので位置をずらしてやはり100Φの穴を開けようとしたのですが、配管が通っているのでダウンライトの取付が出来ません。

また、開口は100Φですが、LEDのユニットがあるので高さが80ミリ以上、ユニットの長さが150ミリあるので洗面とトイレはダウンライトに出来ません。

そこでダウンライトのような照明器具、薄型シーリングライトに変更してダウンライトのような雰囲気の物にしました。

なんとなくダウンライトのような感じに見えませんか。

廊下はダウンライトにしました。

ダウンライトで、100Φの開口寸法です。

トイレもダウンライトにすると天井裏に邪魔があるので薄型シーリングライトにしました。

照明器具は小型化されていますが、明るさはかなりあります。

大きなダウンライトよりも小さなダウンライトの方がインテリアとしては美しいのです。

天井裏の条件で使える器具と使えない器具もありますので、その時に判断するのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です