洗面化粧台とCF

洗面化粧台の交換の時に一番気になるのがCFです。

洗面化粧台は交換して綺麗になりますが皆様床の事はあまり気にならないようでCFを貼り替える事を伝えると同じサイズの洗面化粧台だから床の貼替は不要と言われる事があります。

でもCFは貼り替えた方が良いです。

経験上新しい洗面化粧台を設置しても古いCFが見えるか、下地の板が見えるかが必ずあります。

クロスも同じで貼り替えないと新しい化粧鏡の境目に1センチ程の隙間が生じてしまいます。

隙間と言いましょうか、古いクロスが剥き出しになるのでちょっとみっともない感じになります。

この洗面化粧台を撤去すると次のようになります。

くっきりと化粧台の跡が見えますね。

何故か上手く隠れないのです。

ただし、フローリングの場合は張り替える必要はないですね。

飽くまでもCFやフロアタイルなどの床材が洗面化粧台設置の後に貼った場合の話です。

最後にアドバイスとしてですが、水廻りはCFをお勧めしています。

CFは表面がビニールですから水を通さない。

例え水漏れがあっても短時間なら階下に漏れる事はないですし、下地の板を腐らせる事も無いのです。

フローリングとかフロアタイルは貼り合わせの目地から水がしみ込んでしまいます。

ちょっとした事ですが、とても大切な事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です