エアコンの交換

かなり古いナショナル製のエアコンから少しだけ古いPanasonicのエアコンに交換です。

引っ越した先にあったのがナショナルのエアコン。

外したエアコンがこちら。

古いエアコンの室外機は最近の室外機と比べるとかなり重いです。

そして少しだけ古いエアコンを取り付けます。

冷媒管を通す箇所が内壁から外壁まで1.3メートルあり、その間に冷媒管を通す為の管は一切無く、1.3メートル先の穴めがけて苦戦しながら何とか通しました。

真空引きをして、ガスが漏れてないかを確認したらほぼ終わりに近づいています。

ガス、配管、脚など全てを確認したら電源を入れ試運転。

これで問題なければ完了です。

少し古いと言ったのは引っ越し前のおうちで使っていた物。

引っ越し先は数十年前のエアコンでしたから、冷暖房能力もさることながら消費電力が少ないので、経済的でもあります。

次回は新しいエアコンにして下さい。

(^-^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です