水漏れ調査の費用はいくら?

水漏れが発生した場合、いくらくらいかかるのかが分からないと頼むにも頼めませんよね。

出張費、そしてすぐ原因が突き止められるような調査であれば1万円~1万5千円位と考えてください。

ただし、ここに色々と問題が出てきます。

例えば、階上で水漏れが起きた場合は上の階の人が在宅していれば良いのですが、そうでない場合調査が出来ません。

仮に階上の方がいる場合、調査をする上で例えば天井を開口しなければならない場合は別途費用が掛かってきます。

もちろん、修復にも費用が掛かります。

以前のブログで上げましたが、仮にダウンライトがあった場合で且つ穴が大きい場合ダウンライトの器具を外せば何とか天井裏が見えるので調査も出来ましたが、必ずしもそうでない場合があるので、その場に合わせた調査が必要になります。

また、階下に水漏れを起こした場合は階下の方が在宅しているか否かでまた階下の方の予定に合わせて調査の予定を取り決めなければなりませんので、別途の出張費や調査費が発生することもあります。

このように価格を明記しないのは諸々の付帯工事が別途発生するからです。

ただし、このような水漏れ事故は火災保険で支払いができる場合がありますが、共済とかだと意外と支払ってくれないケースは多く見られますのでご注意ください。

必ず保険を見直しておかないと保険料は支払っているのにいざと言うときに保険適用外になることがあるので、是非今一度見直しをお勧めします。

特に賃貸で済んでいる方は「借家人賠償保険」の中身を良く吟味してください。支払いができません、と言われることもあります。

階下への水漏れがあった場合、最悪なのは汚水管や雑排水の排水管からの水漏れです。この場合、後々臭いが残ることもあり部屋が臭いと言われると内装工事費用がかなりの金額になる場合もあるのです。

内装材だけならまだしも、建具とか、壁のボードとかの交換になるとかなりの規模になります。

まずは漏水の原因を突き止めることが第一。

そして、漏水を止めることが第二。

その後被害の箇所を復旧することとなります。(他人のお部屋の復旧工事や家財道具の被害補償、自宅の復旧工事などなど)

※水漏れと雨漏りは状況が異なります。雨漏りの場合は原因を調査するのに数日~数か月掛かる場合もあるので、なかなか費用がお伝え出来ません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です