平成最後のブログです

弊社が創立した頃はまだ携帯はかなり高く確か10万円位の補償金だかが掛かっていた記憶があります。

月々の基本料金も2万円位で10円では7秒しか話ができませんでした。

最初はNTTのmova Fを持ちましたがまだレンタルの時代でした。

さらに固定電話も新しく契約するのに7万円位の補償金が必要だったような気がします。

今は普通に何気なく使っている携帯電話やスマホですが、振り返ってみると平成に入って持ったのだと思い直しています。

 

今日は平成から令和へ時代が移る日。テレビでもここのところ特に平成を振り返る番組が多かったですが、勝手に自分を振り返っています。

有限会社ユーズは平成3年の3月に創立しました。

西暦1991年はバブルが終わった頃で、新しく事業を立ち上げることは憚られる時代でしたが、既に進めていたので後戻りは出来ませんでした。

「ユーズ」と言う会社名は英語のuseから取っています。辞書を引くと「役に立つもの」と言う名詞があります。

お客様の役に立てることが出来ればと思い付けた名前です。

それから四半世紀が過ぎ、今、28年継続して営業を続けております。

そして平成19年からは「解決工房」として鍵の交換やパッキンの交換などお困りの小さなことから解決できればと思い屋号をつけました。

明日令和に改元されてからも今までと同じようにお役に立てる会社として貢献出来ればと考えております。

さらにリフォームを通じて知り合った方からの情報もお伝えできれば良いな、と思っています。

それが以前のブログでも書きましたが健康に関することです。

ヒートショックなどを考えてお風呂にはバス暖房乾燥機をお勧めをしており、トイレの扉は内開きではなく外開きを提案しています。

同じリフォームをするならリフォームをした後も健康にお過ごし頂けるような提案をしていこうと思っております。

新しい令和の時代になりましてもユーズをよろしくお願い致します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です