お風呂のシャワー水栓

ユニットバスのシャワー水栓の交換。

シャンプーなどを置く所(写真の開口部)が点検口になっていて、ネジを外すと写真のようになります。

パッキンがあり、ネジで締め付けているので水が穴の中に入りません。

この穴の中は防水など何もしていません。

つまり、お風呂の中に穴が開いても、壁の一部が錆びて欠けても水漏れが起きるのです。

シャワー水栓を交換する時この点検口から配管を外したり取り付けたりします。

ここの施工不良があると大変な水漏れになってしまいます。

出来ればご自分で出来そうでも水道工事のプロに任せた方が良いと思います。

自分でやった後、水漏れ事故が起きると補償問題もありますが人間関係の修復の方が悩みの原因になります。

プロが工事した後、万が一水漏れ事故が起きても工事会社が弁償をしてくれます。

自分で工事をしていないので責任は工事した会社にあるはずです。

人間関係を損ねることもないと思います。

私たちも水漏れは非常に怖いので細心の注意を払っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です