玄関を替えると印象が良くなる

玄関ドアを交換するのはとても大変な工事と思われるかもしれませんが、リフォーム用の玄関ドアは1日で交換出来ます。

例えば木製の玄関ドアが歪んで閉まりが悪くなった。

例えば金属製の玄関ドアにサビが出た、とか凹んでしまった。

LIXILのリシェントなら1日で早変わり。

外壁はアイボリーで塗装されています。

玄関ドアも同色系でした。

この玄関の下の方にサビが出てきたので交換をお考えでした。

それならと、新しい玄関を茶色の木目調でご提案しました。

それは、先程言ったように外壁の色がアイボリーなのでアクセントになるような色の玄関にすると全体が引き締まって見える効果を考えてのご提案。

色や玄関扉の形状、取っ手の形や欄間の有無などいろいろありますのでお好みで選べます。

できればショールームで目で見て確かめて頂きたいです。

またショールームではイメージ図を作ってくれますのでカタログだけを見るより判断しやすくなります。

それでは、工事に入ります。

古い玄関扉やガラスを取り外します。

横桟を撤去し、これに新しい玄関扉を取り付けていきます。

玄関が新しくなると引き締まりますし、新築のような雰囲気にもなります。

LIXILのリシェントのM17型と言うモデル。

色はポートマホガニー。

欄間付きで定価は418,080円。

これに現地調査費、交換工事費、搬入運搬費、既存玄関扉の廃棄処分費、諸経費などを上記本体価格に加えた定価は668,080円。

ご提供価格は498,000円+税

このリシェントは自動車と同じ感覚のキーレスエントリーも選択出来ます。

重い荷物を持って帰った時などは非常に便利です。

普通にリフォームする場合だと、大工さん、タイルの張替の左官屋さん、内装屋さん、塗装屋さんの工事が増えますし、日数も計4日間かかりますので、トータルの価格も80万円位になりました。

1日で終わるし価格も抑えられるのでリフォーム用の玄関扉がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です