コーキング

お風呂の中のクラック(ヒビ割れ)を修復しました。

これを

このように

そして

これを

このようにコーキングをしました。

作業前に養生をし、水分を飛ばします。

割れたタイルを剥がして新しく貼り替える方法はありますが、同じ大きさで同じ色のタイルを探すことから始め、なければ似たタイルを貼ることになりますが、かなり時間を要します。

また、後者の画像だと、目地材で補修することも考えられますが、同じ色の目地材を探さなくてはならない為、かなり時間を要しますし、元通りにならない可能性の方が高いです。

そこで、お客様も見た目よりもクラックを補修し、水がクラックから漏れないようにする事を優先したい旨おっしゃって頂けたのでコーキングで処理しました。

仮にタイルや目地を探し、手に入らず似たようなタイルで貼り直しをする場合は2週間はそのままになる可能性があります。

今回は機能を優先しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です