キッチン手元灯

キッチンの手元灯はPanasonic、NEC、東芝、KOIZUMIなど各社から出ていますが、みんな同じような形をしています。

皆さんのキッチンの棚下にある照明器具と同じような形だと思います。

これは10W、15W、20Wの直管の蛍光灯が収まる形で製造されていた名残なのかLEDになっても殆ど形状が変わりません。

そこで弊社では『ミンテージ』社の超薄型LEDを採用しました。

吊り戸棚の幅は1350ミリ。

これに対してミンテージのこのLEDは1140ミリほどです。

かなり長さも長く調理する時など、シンクからまな板などを置く調理台まで照らしてくれるので一般的な手元灯にはないメリットがあります。

長さは1140ミリほどですが、幅は20ミリ厚みは10ミリほどです。

しかも明るいので申し分ないと思います。

現在、このようなLEDは大手照明器具メーカーにはございません。

また、長さは特注できます。

例えば短いものから、連結すれば2メートル、3メートルと長くできます。

是非ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です