床ワックスを取り除く(剥離)

床にはワックスを掛けます。

特に新築で引き渡す時はまず間違いなくワックスを掛けます。

ツヤを出すのもそうですがフローリングを保護する役割もあります。

通常はアルカリ性の洗剤で洗浄して新たにワックスを塗布します。

これを何度も繰り返していると微妙な汚れが積み重なることと、ワックス自体が酸化(劣化)します。

少し黄ばんだり、薄汚れた感じがするのは汚れの層と劣化によるもとです。

こうなるとワックスを取り除くのが一番キレイになります。

これを剥離(はくり)します。

剥離剤を塗布するとワックスが溶け、浮いてきます。

これが画像の少し白っぽくなったところです。

これをポリッシャーで削ぎ落とします。

剥離したワックスを吸い取ります。

汚水はグレーと言うかかなり黒っぽい色になります。

生活での汚れと前述の汚れの層、ワックスの劣化、洗浄液などが混ざっています。

かなり汚れているなと感じます。

普段は気がつかないのですが、実際作業をすると「こんなに汚れていたのか…」と本当に実感します。

ワックスを剥離するとフローリング本来の地肌が出て来ます。

綺麗だなと思います。

ただ剥離は家具などがあるとなかなか出来ません。

一旦家具や荷物は空にしなければならないのが難ですが、根本からキレイにしたい場合はオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です