アパート退出後の下見

アパートで退出した後の原状回復工事の現地調査をしました。

賃貸物件ですが、入居者に気に入ってもらうような内装にしなければなりません。

もちろん、使った後の畳の表替や壁紙の貼替、壁の一部は塗装、窓枠の塗装、ハウスクリーニング、エアコンクリーニングは元通りにしますが、これを原状回復と言います。

ただ、原状回復だけではキレイになるだけなので、出来れば設備を替えたいところです。

また経年劣化しているところもあるのですが予算もあるので全部を取り替えることはやはり難しいのです。

それにしても今日は暑かった…

退出直後なので電気が開通していません。

頼みのエアコンが使えない状況…

アパートのオーナーと交換する箇所を確認し、採寸して終了しました。

私達としてはできるだけ早く入居してくれると良いなと思うのです。

入居する人の条件、つまり職場に近いとか駅近とか、近所にコンビニがあるとかの地理的条件、それに加えて入りたいと思ってもらえるような内装になると成約率も上がるのではないか、と常に考えながら工事を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です