マンション共有部のノンスリップシート工事2

マンションの共有部のシート貼替は終わりました。

コンクリートの床を滑らないようにする為のシートを貼る工事です。

貼り替える前はシートの下に雨水が入り込んでかなり劣化がひどかったので、貼り替えることにしました。

本当はコンクリートに直接シートを貼れば良いのですが、元々は塗料のようなものを厚塗りして膜がありこれが防水の役割を果たしていました。

もちろん普通の塗料だとパリパリになってしまいますから塗料ではありません。

ウレタン防水と言うものです。

このウレタン防水が劣化した後、キチンと処理せずに上からシートを貼って見栄えだけ良くしたので、防水の役割は全くなくなり、それどころか雨水がこのウレタンの下やシートとウレタンの間に入り込んでしまいぶくぶくに膨れてしまったのです。

残っていた箇所も

このように貼り終えました。

雨の日も滑りにくくする為のノンスリップシートであり階段が、さびないようにする為の防水でもあります。

次はコーキングをして、極力シートの下に水が浸入しないようにします。

そして最後は階段の鉄部を塗装すれば終わりです。

ただ、ここの所の雨のせいで思うように捗らない事が悩みのタネです。

晴れだと思っていても急に雨が降ったり…

こんな時、工事を前に進めるか、止めるかの判断は難しいです。

後2つの工程で終わりなのに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です