小さいトイレを普通のトイレに

タンクが隅っこについているトイレ。

タンクと便器の間にシルバーのメッキの管があるトイレ。

これを普通の便器にする時、問題になるのが給水栓の位置。

元々ロータンクが隅っこについているので給水栓は壁の真ん中に付いている。

この給水栓が真ん中にあるので、新しい便器を取り付けようと思うとタンクの真ん中に給水栓があるため、取り付けができない。

TOTOではこの真ん中の給水栓から通常通りの壁の左側にする為のアダプターがある。

つまり壁を壊さずに新しい便器に交換できる画期的なアダプターである。

ただ、このアダプターが真ん中にあるために便器が押し出される格好で前にずれてしまう。

大工工事が不要なので安上がりではあるが結果的に少し不恰好である。

そんな訳で壁を壊して配管し直し、給水栓の位置を定位置にする工事をした。

この壁を配管後に復旧します。

壁が仕上がったら次は床のCF張替え工事になります。

またこの壁は塗装なので、クロスは貼れません。

後は次回のブログで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です