扉の交換

お部屋の中の扉。

洋室や洗面室、トイレ、リビングなどの扉のことです。

扉が割れたり穴が開いたりしたので交換をしました。

以前、扉の割れを補修してシートを貼ってそのまま利用したブログがありましたが、今回は交換です。

今回は事前に割れた扉を引き取って、同じサイズ、同じデザインの扉を建具屋さんに制作してもらいました。

もちろん分譲マンションですから、それなりのデザインが施してあります。

ただ、新築の時は全所帯数の建具を一括して製作するので、部材も凝ったものが発注できます。

同じデザインの部材を新たに発注しようとすると、例えば木口の部材の制作は100本単位でしか受け付けてくれませんから2本しか必要なくても、うん十万円コストがかさみます。

従ってある程度のデザインで我慢するしかないのです。

それでも他の建具とは遜色なく収まりました。

部屋の中で1つでも違う扉があると非常に不自然になりますので慎重に面材などを選びました。

お客様の為に出来る限りの努力は惜しまずに施工する事で笑顔が見られるのは嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です