トイレの輪ジミ

原状回復工事やトイレの交換した後から約2ヶ月経過すると使用していないトイレでも汚れが発生します。

溜まっている水や便器に汚れが出てくるだけならまだ良い方ですね。

温度が高い夏、特に8月から9月にかけてだと溜まっている水が蒸発していきます。

そのままにしておくと水が干上がってしまい排水から臭いや虫が上がってきます。

そうなると、内覧で入居希望の人に非常に悪い印象を与えてしまい、最悪別の物件で決まると言うことも考えられます。

これを避けるためには、1か月に1回は水を流した方が良いでしょう。

さらに前述の通り、水の輪のところにカビや藻のような有機的な汚れが発生してきます。

クリーニングをしても新しく便器を交換してもこの汚れは発生してしまうので、新たに入居する前には清掃するのが良いと思います。

また逆に、入居する立場だと「汚れている」と思っても長期間経過すると汚れが付着するのは自然の摂理です。

寛容な心で受け入れて頂ければと思います。

ちなみに今回まだ入居前、別件でこのお部屋に入りました。

確認したところ汚れがあったのでキレイにしておきました。

これで新しく入る入居の方も問題なく生活が始められると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です