化学薬品の処分

廃棄処分についての話が続いてしまっていますが、今日も続けます。

廃棄処分をしなければならない。

液体は持って行ってくれない。

洗剤は流せるので、問題ない。

ところが…

裏の物置から出てきた物は、ベンジンのようなガソリンのような、なんとも知れない液体。

臭いがキツく揮発性の高い、シンナーよりもキツく、やはりガソリンのようでもあり、でもガソリンとは違う臭い。

しかもレジ袋で何重にもなっていて中身が見えない。

でもその液体をこぼしたら絶対臭いが残り近所迷惑になってしまう。

ただ、廃棄処分するものの中に蓋のついたバケツがあったので、その中で確認した。

クレオソートと記載があり、第三石油類とある。

これはその辺に廃棄できない。

ネットで廃油が出来るところを探し連絡したところ、少し時間を下さい、調べますから、と。

後ほど連絡があり、まず契約書を作成しなければならないので、会社名など詳細を教えて下さい、と言われて必要な項目をFAXしました。

3日経過しても連絡がないので再度電話したところ

「そのクレオソートは現在発売禁止になっているので、それを引き取ってくれる会社に確認を取ってもらっているのであと2、3日お待ちください」と言われ、現在待機中になっています。

昔買ったもので現在発売禁止になっているものとすると害があるからだと推測してしまうのです。

廃棄処分できるのかできないのか、少し心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です