家の中を歩くとベトベトする

自宅の中を歩くとベタベタしている所とそれ程でもない所がある。

特にキッチンとリビングがベタベタする事が多いかと思います。

キッチンで炒め物や揚げ物をした時の油が微粒子になって壁や床に付着します。

お料理をダイニングに運ぶ時に油をダイニングまでスリッパの裏にくっつけて運んでいます。

毎日の事ですが、微量なのであまり気が付かず、ましてやお掃除をしているので一旦は綺麗になります。

しかし綺麗にしているもののさらに微量な油はそのまま残ります。

これが繰り返されて油があちこちに付着してしまい、結果ベタベタしてしまいます。

一般的なハウスクリーニングの洗浄液であればある程度綺麗になりますが、10年位経つのであれば剥離をした方が良いと思います。

上の画像では古いワックスが浮いている所は白くなっています。

キッチンで飛び跳ねた油が長年積み重なっている所は普通の中性洗剤では落としきれません。

これと同じように足の裏の汗や皮脂、台所から持ち出す足の裏の油汚れがあちこちに付着するので汚れが広がります。

ハウスクリーニングの職人はポリッシャーと言う機械で洗浄します。

人間の手で擦るより何倍、何十倍の効果がありますし、時間も短縮することにより、フローリングに染み込まないよう考慮して作業します。

普通はアルカリ性の洗剤を使いますが、ワックスを除去(剥離)する時は専用の剥離剤を使います。

ワックス内に染み込んだ汚れもワックスの上に乗っている油汚れなどもスッキリと除去してしまいます。

それを水を吸引出来る掃除機で素早く吸い込みますので、フローリングに与えるダメージ(※)を最小限にします。

綺麗になったらワックスを掛けてフローリングに直接汚れがつかないようにします。

汚れが落ちると嘘のようにツルツルになり油で引っかかっていた足の裏の感触は全くなくなります。

是非ハウスクリーニングで実感してみてください。

気持ち良いですよ。

※フローリングは木製品なので表面は加工していても水は染み込みます。しかしこの染み込む量を最低限に抑えますのでほぼダメージはありませんのでご安心を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です