木製のブラインド

ブラインドの一般的なイメージだと金属製の羽根でグレーとか青とかの単色だと思います。

ところが木製のブラインドはあまりメジャーではないようです。

一般的なブラインドは羽根が薄く羽根の幅も25ミリとか20ミリですが、木製になると羽根の幅が50ミリで厚みも2ミリほどあります。

木目の暖かさがあり、金属製の無機質な感じはありません。

木製のデメリットは幅は問題ないのですが高さが羽根幅によって多少制限されます。

マンションのアルミの冷たさを払拭してくれる温かみのあるアイテムと言えると思います。

近くで見るとこのような感じで羽根幅が大きいことが分かると思います。

この木製ブラインドはタチカワブラインド製ですが、トーソーやニイベイなどもラインナップがありますので比較してみるのも良いかも知れません。

ちなみにタチカワブラインドのこの木製ブラインドは動きもしっかりしていました。

一般的なブラインドはかなり豊富なカラーがありますが、木製ブラインドは数種類のラインナップしかないのが少し残念なところかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です