レンジフードのスイッチが粘つく

レンジフードのスイッチを押すと粘つく。

押しても戻ってこない。

これはスイッチが壊れちゃったのか⁈

こう言う場合は分解してスイッチの部分を掃除しましょう。

毎日のお料理の時に飛び散る油がスイッチの所に入り込んで悪さをしている可能性があります。

フードを外してスイッチに接続しているコネクターを外します。

フードに付いているスイッチの部分のネジを外してスイッチを取り出します。

回路や電線には注意して油を取る洗剤を塗布します。

スイッチと言っても洗剤をかけても良いのはプラスティックの部分だけです。

プッシュスイッチのプラスティック同士の間の油を取り除きます。

すると粘り付きがなくなります。

スイッチを元に戻し、フード取り付け、コネクターを接続すれば完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です