排水管から水漏れ(続き)

ブロックの一部を開口したら水が出てきました。

確実にこの中から水漏れが発生していることがわかります。

ただし、漏水のポイントが分からないので換気扇を外します。

その後、ダクト管を切断して排水管が見えるようにして、壁をさらに開口します。

排水管は鉄管です。

保温材を巻いているので良くわかりません。

保温材を剥がすと大きな穴が開いていました。

特に継手が錆びています。

鉄管も縦管はそれほど痛んでいないのですが、横から縦管に接続している所に錆が見受けられます。

やはり継手に穴が開いていました。

取り敢えず応急処置をします。

これで翌日部材を仕入れて配管をし直します。

翌日。

耐火の塩ビ管に交換します。

古い鉄管を切って接続には特殊な継手を使います。

階上のキッチンの排水管(継手と横管)から縦管までの継手と縦管の一部を新しく交換しました。

その後、階上の方に水を流してもらい通水テストを行い、新しく配管した所から漏水がないか確認して配管交換は終了です。

この後は天井と壁を復旧しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です