流し台のリフォーム

水漏れがあった現場でキッチンの入れ替えをしました。

流し台とガスコンロ、吊り戸棚、レンジフードのセットです。

水漏れがが起きたのはガスコンロ側の壁からで、コンロ台は水を吸ってしまって廃棄処分にしました。

水漏れの原因は階上の流し台の排水で、鉄管の3箇所から漏れていました。

いずれもエルボ付近で、鉄が錆びて40年の長きにわたり侵食してついに穴が空いて漏水を起こしました。

40年以上経過した流し台に水がかかり、床も濡れていたので、キッチンの交換と共に一部分ですが床の張り替えもしました。

キッチンのタイプとして2種類あります。

所謂流し台は蛇口が壁、または水切りから出ていること。

もう一点はガス台がビルトインコンロではなくガステーブルであること。

このタイプの方が安価です。

画像を見てお分かりの通り蛇口は水だけで、瞬間湯沸器が目の前にあります。

瞬間湯沸器は目の前にあって少し邪魔な感じはします。

ただ、メリットもあり、外に給湯器があるとお湯になってキッチンにたどり着くまでに時間が掛かりますが、瞬間湯沸かし器は文字通り瞬間的にお湯になります。これは最大のメリットです。

お住まいの環境に合わせて選ぶのが良いと思います。

キッチンの入れ替え時にはついでに床のビニールシートを貼り替える方が良いと思います。

キッチンは一度設置すると床のビニールシートを張り替える時もキッチンの下は古いシートのままになるからです。

キッチン選びもプロに相談しながら決めていった方が間違いが少ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です