扉のノブを握り玉からレバーに変更

開き扉のハンドルは丸い形の握り玉タイプであればレバーに変更した方が開け閉めしやすくなります。

握り玉は片手で握って回します。

必ず片方の手で操作しなければならないのです。

しかし、レバーの場合は両手に袋をぶら下げていてもヒジで下に押し下げれば後は体で押せば開くと言うような利点があります。

握って回すと言う二段階の操作が必要な握り玉に比べて、指先で下に押し下げると言う一段階の操作で開けられます。

また、例を挙げると、高齢者や手の不自由な方でも簡単に開閉できるのです。

個人的な話ですが、私の母親も脳梗塞で倒れその後リハビリが続きましたが右半身が思うように動かなかった時はレバーは使い勝手が良かった反面、握り玉は回し辛かったようです。

握り玉とレバーの違いは普段あまり感じませんが前述のように体に不自由さが出ると分かることになります。

今は握り玉をレバーハンドルに交換できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です