和室窓枠の塗装

和室の窓枠は白木のままが一般的です。

洋室に変更すると、白木のままでは違和感があるので、塗装をしました。

古い和室は

畳敷きの和室が奥に見えます。

今回はリビングと和室の間の壁を撤去、和室と手前の部屋を一つにしリビングダイニングに変更しています(まだ途中です)。

和室の窓の前の板の間は取り払いました。

大工工事途中の写真です。

板畳は撤去しました。

その時に窓枠の下の部分は壊れたので撤去していますので、三方のみの窓枠になっています。

この後、下の枠を新しく設置して、塗装をしました。

塗料が他に付かないように、また、養生も最小限で済む為、内装工事の前に塗装を入れます。

白い枠に変身しましたが、無垢の枠に塗装をするのは灰汁が出ないように灰汁止めをして塗装をするので、数回塗りこまなければなりません。

その他木枠の塗装も行っています。

塗装前は黒ずんでいた箇所も研ぎを入れて塗装します。

塗装後は

この後内装工事がはじまりますが、仕上がったらまたこのページに載せるつもりです。

お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です