キッチン扉のリペア

キッチンの扉の面材が劣化して剥がれていました。

こう言う時扉は交換できるのでしょうか?

答えは。。。。出来ません。

それは製造から30年以上経過していますので、部品としての製造も終了しているはずです。

また、30年以上も経過すると劣化は致し方ありません。

では、何か方法があるでしょうか?

その方法をご紹介します。

何とかもう少し使いたいと言うご希望がありました。

この扉は木片を圧縮して整形した物。

整形した扉の形の木片の圧縮材にビニールの面材を貼って仕上げた物のようです。

圧縮した物なので、一度崩れると元には戻りませんので、本体の交換が必要になります。

処置として、塩ビタックシートを貼ってあと少し延命処置を行います。

扉の右側はダイノックシートを貼った後。

左の扉の白い部分はシートの厚さ分を吸収するためのパテ処理です。

画像だと新しく貼った右の扉と元々の左の扉若干の色の違いが分かるかと思いますが肉眼では違いが分かりません。

左の扉もシート貼りが終わりました。

引き出しも貼り終わりました。

これで外観の問題は解決できました。

何度も言いますが、圧縮材で整形された物ですので、崩れ始めると解決方法はありません。

部品も代替品もないので、このように面材が剥がれると交換を推奨しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です