トイレの水が止まらない

普通は何もないのであまり気がつかないと思いますが、稀に便器に水が流れっぱなしになる事があります。

微量の水が流れる時は正直気がつかないかも知れません。

しかし「あれ?水が止まらない?」と思う位トイレから水の音が聞こえ続けるとわかりますよね。

水が流れ続けるのは2種類あります。

レバーを回すとタンクの底にあるゴム弁が開きます。

一つはこのゴム弁が劣化している為、微量に流れる事があります。

もう一つはポールタップと言って水がある程度の水位になると水をストップさせる水栓が内蔵されています。

これが劣化して止水出来なくなりオーバーフロー管から便器に流れ続けるパターン。

ちなみにトイレから水の音が止まらない、場合はフロートべんが塞がっていない事があります。たまになるのか、常時起きるのかによって違いますが、できるだけ早く修理すべきです。

どちらのケースも劣化によって水が止まらないと言う事象ですが、これを放っておくと水道代で跳ね返ってきます。

知らない間に水を無駄に使っていることになるからです。

ゴム弁(フロートバルブ)、ポールタップ、どちらの場合で水の流れっぱなしが起きても両方交換することをお勧めします。

片方のみを交換して一時的な費用を抑えても既に劣化が進んでいるので、そのうち流れっぱなしが起きると思います。

今日はタンクの中の劣化した部品を交換しました。

これで流れっぱなしは無くなり、水道代も気にしなくて良い状態になります。

水道代が高くなった、とかトイレの水が止まらない時は早めに交換をしましょう。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です