窓を新しくしたい

例えば築年数40年を経過したマンションでは窓を新しくする工事を管理組合で決定してリフォームをします。

実際に窓が新しくなると私たちのようなリフォームをしている者が見ても新築に近い感じのリフォームに感じます。

今までは、まず窓サッシをリフォームするとなると今ある窓を解体。

解体するには部屋の壁も外壁も壊さなければならない。

するとサッシ交換費用、外壁補修費用、内装補修費用、大工工事費、左官工事、塗装工事などかなりの工事が必要です。

これだけの工事を行うとても1日では終わりません。

窓のリフォームはかなり大変です。

それを工事1日で済む方法があります。

「カバー工法」と言うものです。

既存のガラスの入った窓サッシを取り外します。

すると窓枠が残ります。

この窓枠にカバー工法用の窓枠をはめ込みます。

その後新しいガラスの入った窓サッシをはめ込みすれば完成です。

古い窓枠に新しい窓枠をはめ込むので縦横のサイズが数センチ小さくなります。

特に有用なのが鉄筋コンクリート造の団地やマンション。

窓を解体するとなるとコンクリートを部分的にでも壊さないと窓枠は外れません。

部分的に解体したコンクリートはまた埋め戻さなくてはなりませんし、古いコンクリートと新しいコンクリートの密着度は小さく同化しません。

その他いろいろ問題があるのですが、カバー工法はこれらの問題を軽くクリアしてくれます。

先ほど工事は1日と書きましたが、実際には1時間もかからず工事が終わってしまうこともあります。

LIXILは「リプラス」と言うもの。

これでリフォームすれば新築のような雰囲気になります。

カバー工法、覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です