配管を新しくする2

在宅のまま配管を新しくする工事、日数が掛かります。

今日は洗面、トイレ、洗濯機水栓、キッチンに新しい管を接続しました。

そして水道メーターの大元の水道管に接続する工事まで終わらせました。

前回廊下に新しい管を配置しましたが接続まではしていませんでした。

古い管はそのまま埋め殺しにします。

空室で誰も住んでいない部屋だと床を全てはがして、水を止め、古い管を全て撤去して新しい管を配置。

これでまだ1日

上記と同じように、洗面、トイレ、洗濯機、キッチンに接続して床を復旧する。

ここまでで1日。

割とスンナリと工事が出来るのですが、在宅だとやはりトイレが必要なので丸一日我慢して下さい、とは言えないのである程度管を接続したらプラグ止めをして水が出るようにしなければなりません。

工事が終わった日も生活できるように戻さなければなりません。

空室の場合復旧が必要ないので2日で片付きますが、廊下解体と新管配置で1日、水回りの床剥がしと配管接続と床復旧で2日、と日数もかかりますので配管交換をするにはそれなりの覚悟が必要になります。

可能であればホテルに泊まる、家具は貸し倉庫で預かってもらうなどの措置が必要だと思います。

解体工事の時のホコリはかなり部屋中に舞い散るので家具や洋服は真っ白になってしまいます。

ユニットバスリフォームやキッチンリフォームなどでもホコリが出ますがまだ堪えられる位です。

しかし解体して再度配管をやり直す場合、ホコリは想像を遥かに超えますのでご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です