扉の面材がヨレヨレに…

扉がらこんな風になってしまうことは…

正直なところあまり見かけません。

ある特定のアパートで使われた建具で同じような現象があるのは見たことがあります。

経年劣化と言うのもありますが、それなら全ての建具で同じようになるはず。

普通ならこのような状態になると扉のリフォームを提案します。

しかし、リフォームにはそれなりの工期が必要で「では明日お願いします」と言われても出来ません。

建具の納期もあります。職人のスケジュールもあります。

ましてや建具のリフォームとなると、解体,大工、内装(壁紙)と清掃が必要になります。

そこで長持ちはしませんが表面を張り替える方法をお教えします。

3Mの「ダイノック」です。

木目の種類から選んで(必ずしも同じ柄があるわけではありません)表面を平滑化して貼ります。

色は微妙に違いますが、上の画像のようなヨレヨレは隠せます。

このダイノックシートの値段はは木目柄でⅠ平方メートルあたり6千円〜、です。

扉の延命措置として考えていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です