キッチンの高い棚の中を10年以上触ったことがない…

「キッチンの高い棚(吊り戸棚)の中は10年以上そのままで使っていない」

寿司桶や土鍋や鍋、お皿など入れたままになっている。

それならまだしも「何が入っているか分からない」と言う声も聞くことがあります。

当然のことながら、常に使う鍋や食器はての届くところに置いている。

それは別の食器棚やシンクしたの収納に入れている。

吊り戸棚は必要ない

普段使わない物をお父さんが脚立に乗ってしまうことが多い。

普段使わないので親戚や来客が来る時にお父さんに脚立に乗って取ってもらう。

そんな訳で掃除もしたことがない。

身長が178cmある私も、考えてみると吊り戸棚の中の物は普段使わない物をしまっています。

吊り戸棚の代わりに

吊り戸棚は撤去して収納に優れた食器棚に交換して使い勝手を良くする

シンクしたの収納をもっと効率よく入れ効率よく取り出せるように引き出しタイプに替える

吊り戸棚で引き下ろすタイプの常に稼働するような吊り戸棚に替える

 

私は28年もリフォームの仕事をしていて見積もりをするためにいろいろなご家庭にお邪魔します。

半分のご家庭で吊り戸棚は「高い所にあるので10年以上そのまま」と言う意見をよく聞きます。

背の低い方は特にその傾向があるようです。

なのでリフトアップ機構があるキッチンをお勧めしています。

少し価格は高くなりますが、10年使わない吊り戸棚よりも使える吊り戸棚の方が価値が高いと思います。

 


吊り戸棚で引き下ろす機構があるのはクリナップのハンドムーブ、パナソニックの「ソフトダウン・ウォールユニット」があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です