コンロの火が赤くなった原因

コンロの火が赤くなった。原因と解決法

キッチンを毎日使っていると不具合が出てきます。

今回はコンロの火が赤くなる原因を探っていきます。

    • バーナーキャップが汚れた
    • バーナーキャップの変形
    • 加湿器を使っている
    • 風の影響

1.コンロのバーナーキャップが汚れたから

煮物をしてふきこぼれがあったり、油が付着したりしてバーナーキャップの空気を送る溝がふさがれてしまった。

つまりガスト空気の混合比率が変わってしまったためにおきる現象です

バーナーキャップの画像はこちら(パロマです)

お手入れ方法はこちらの動画をご覧ください(一般社団法人日本ガス石油機器工業会提供)

2.コンロのバーナーキャップが変形したから

バーナーキャップが変形したらガスと空気の比率が正常ではなくなります。

ガスコンロのメーカーに連絡して部品を調達して交換するのがベストです。

メーカーに問い合わせてみましょう【問い合わせ先のリンクを貼っておきました】

コンロのメーカーは分かるけど型番が分からない場合は電池ケースのふたの裏側にあります。必ずメモしておきましょう。

3.コンロの火が赤くなるのは加湿器が原因

加湿器でも湿度がそれ程でもない時は良いのですが、かなりの湿度にすると火が赤くなることがあります。

水道水に含まれるアルカリ金属がガスト反応するためです。

加湿器を一旦止めて空気を入れ替えてみましょう。

それでもなる時は他に原因があるかも知れません。

4.風の影響

扇風機やエアコン、窓や換気口からの風により2.でも記述した通り、ガスと空気の混合比率が変わってしまった為と考えられます。

目に見えなくても風の通り道になっていないかを確認しましょう。

それでもコンロの火が赤になる場合

ご使用のコンロのガス種(プロパンガスか都市ガスか)を確認ます。

プロパンガスはプロパンガス料金を払っている会社に連絡してみてもらいましょう。

都市ガスはお近くの地域のガス会社グループの「ガス器具販売店」(東京ガスならエネスタなど)に相談してみましょう。


 修理で対応できない場合

コンロの修理部品の供給が終わっていると修理が出来ません。

その場合は交換になってしまいます。

ちなみに交換する時はどのメーカーのものでも問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です