キッチン水漏れの修理は早めの対処が肝心

キッチンの漏水は早めに対処しましょう

解体前のキッチン

キッチンの蛇口あたりから水漏れがあったので修理をしたそうです。

でもしばらくするとまた漏れ始めた。

蛇口は壁から出ているタイプです。

壁から出ているということは壁の中でL字に折れて壁から出ている給水給湯管です。

どうやらこのL字の継ぎ手から水漏れが常時あったようです。

キッチンの壁の中をなぜ確認しないのか?

タイル張りで、壁を開口しても、流し台を移動しなければ配管を替えることができないので大掛かりな工事になると思った依頼主はできるだけ安く終わらせたいと思い、大掛かりな工事を嫌った為確認をしなかったのです。

深刻には受け止めていなかったようです。

しかし、実際は微量に水漏れが続いていたので状況は悪化しました。

キッチンを交換することに

それでも水漏れは続いたのでキッチンを交換することになりました。

その理由は

  • タイルの開口が必要
  • タイルとガッチリ固着している流し台を一時的に移動しなければならないので必要開口部とは別のタイルも割れる
  • 既存のタイルと同じタイルはないので修復はキッチンパネルで行うので他の面もキッチンパネルにする
  • 30年以上経過したキッチン
  • 吊り戸棚は全く使っていないので取り外したい

以上の理由でリフォームをすることになりました。

給水給湯管は新しくするので今後水漏れの心配はなくなります。

流し台の裏の壁がカビだらけ

流し台の裏の漏水箇所がカビだらけに

 

石膏ボードが濡れてカビだらけになっていました。

水漏れが進行していたのでしょう。

石膏ボードが水を吸っていて手で簡単にはがれます。

さらに石膏ボードのさらに内側には断熱材のグラスウールがありますがこれも水を吸ってカビが出ていました。

 

石膏ボードと断熱材を急きょ交換

カビの生えた石膏ボードと断熱材からにおいがしていましたが、撤去したのでほとんどなくなりました。

石膏ボードを解体して断熱材を入れ替えた

結論

水漏れが起きたら少し費用が高くても早めに、しかも、確実に修理をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です